世界

インド、中国の双方の利益ではなく、国境の緊張持続

ムンバイ、7月14日(ロイター) – 昨年の合意にもかかわらず、中国とインドが西ヒマラヤの国境紛争を解決していなかったのは双方に利益にならないと、インド外相が中国外交部に言った。 水曜日。

昨年協定に基づいて、双方の軍司令官は、他の摩擦点で完全な回収のための最初のステップとして、2月にパンゴン湖地域で軍隊、タンクおよび砲の撤退を完了しました。

S Jaishankarインドの外相は、しかし、これらの他の分野の摩擦はまだ解決されていないと述べました。

インドの外務省は声明で「(長官は)双方が現状の延長がどちらにも利益にならないことに合意したと回想した。これは、視覚的に関係に悪影響を及ぼしている」と述べた。

Jaishankarと中国のWang Yiは水曜日、タジキスタンで開かれた外相会議で会った。

数千人の軍人が2020年4月から、実際のP​​Lの(LAC)または氷河パンゴン湖を含む、事実上の国境で対峙しており、両国間のより大きな衝突の恐れが大きくなっています。

インドの軍と中国軍は、昨年6月に衝突で死亡したが、これは40年ぶりに紛争国境での最初の戦いの損失です。

両側長官は緊張を高めることができる一方的な行動を控える問題について相互受け入れ可能な解決策を模索して、現場の安定を確保することで合意したとの声明は伝えた。

Abhirup RoyとCK Nayakの報告Sonya Hepinstallの編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  霧の中で船舶の衝突後、中国青島港の近くの油流出

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close