インド、人間中心のAI開発注目、日本・イギリスと技術協力

1 min read

ナレンドラ・モディインド首相が珍しい賞を受賞した。 3回目の連続期間 今年の総選挙で、南アジア諸国はより良い未来のために人間中心の人工知能(AI)開発を目指すと明らかにしました。

モディ首相は「昨年インドで開かれたG20首脳会談で、我々はAI分野の国際ガバナンスの重要性を強調した」と話した。 報道によると で言った G7アウトリッチセッション イタリアで。

彼は「今後も私たちはAIを透明、公正、安全、アクセス可能、責任感を持たせるためにすべての国と協力し続ける」と付け加えた。

それだけ G7 先進民主主義国家の非公式集団だ。 毎年会 グローバル経済政策を調整し、他の超国家的問題を解決します。 それだけ G7国 カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、イギリス、 アメリカ

インドはG7諸国に属していませんが、Modiは今月G7 Outreach Summitに参加しました。 招待状 イタリアの首相 ジョルジア・メロニー。 G7セッションでは、モディは特に日本とイギリスとのAIと技術協力について話しました。

去る3月、インドは国のAIエコシステム、イノベーション、起業家精神を強化するため、今後5年間で12億4千万ドルを承認しました。 このイニシアチブは、AI分野におけるインドのグローバルリーダーシップを強化し、倫理的で責任あるAIの展開を確実にすることが期待されています。

G7セッションでは、Modiは「すべてのためのAI」を前提としたインドのAIミッションについて話し、この技術がすべての人の進歩と福祉を促進しなければならないと強調しました。 このようなより広い目標を念頭に置いて、インドはの創立メンバーとして国際協力を育成しています。 AIのためのグローバルパートナーシップModiは次のように語った。 氏名 インド外務省が発表した。 彼は、技術が成功するためには、人間中心のアプローチが支持されなければならないと述べた。

「会えて嬉しかったです。 [Japan’s Prime Minister Kishida] イタリアG7首脳会談について」 モディは言った。。 彼は、両国が技術、半導体、デジタル技術など、さまざまな分野で協力することを期待していると付け加えた。

G7での議論では、彼 ハイライトされたモディ 広範なテーマ、特に人類の発展のための技術の広範な使用をカバーしています。 人間の生活のさまざまな面で技術が発展するにつれて、サイバーセキュリティの重要性も再確認されました。 Modiは、AIは透明、安全、アクセス可能、責任感を維持することが重要だと述べた。

モディ首相はG7首脳会談でエマニュエル・マクロンフランス大統領に会い、技術とAIなどの問題はもちろん、青年層の革新と研究を奨励する方法について話しました。 Xで言った

「会えて嬉しかったです。 [UK Prime Minister Rishi Sunak] イタリアで。 私は、第三次任期中にインドとイギリスの包括的な戦略的パートナーシップをさらに強化するという約束をもう一度強調しました。 NDA政府。 半導体、技術、貿易など分野で関係を深めることができる余地が大きい」と話した。 モディは言った。

先にインド AIの規制フレームワークドラフト 7月まで経済成長のための技術活用と誤用防止のためのガードレール設置などを推進する。 しかし、新しく選出されたモディ政府の下で、電子情報技術部(Meity)は 提示すると予想される 今後5〜6ヶ月以内にAIポリシーの初期ドラフトを作成します。 MeityはAI規制のための包括的なフレームワークを構築しており、ディープフェイク監督が不可欠な要素です。

人工知能(AI)が法律内で正しく機能し、ますます大きくなる課題に直面して成功するには、データ入力の品質と所有権を保証するエンタープライズブロックチェーンシステムを統合する必要があります。 これにより、データを安全に保ちながら不変性を確保できます。 データ。 CoinGeekのプレスリリースをチェック この新しい技術の詳細については、 エンタープライズブロックチェーンがAIの中枢になる理由

例:インドのブロックチェーンユースケースを探る

YouTubeのビデオ

width=”560″ height=”315″frameborder=”0″allowfullscreen=”allowfullscreen”>

ブロックチェーンは初めてですか? ブロックチェーン技術の詳細については、最高のリソースガイドであるCoinGeekの初心者のためのブロックチェーンのセクションをご覧ください。

READ  メタは詐欺広告について日本議会で証言する準備ができています。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours