経済

インド、低迷に陥る可能性ゼロ

ブルームバーグがエコノミストを対象とした最近のアンケート調査によると、物価上昇で中央銀行が金利引き上げ速度を加速するにつれて、一部アジア諸国の景気低迷のリスクが高まっている。

最悪の経済危機を経験しているスリランカは来年の景気低迷に陥る確率が85%で、以前の調査の33%より高くなった。 これはこの地域で最も高い増加率です。 経済学者はまた、ニュージーランド、台湾、オーストラリア、フィリピンの景気後退の可能性に対する期待をそれぞれ33%、20%、20%、8%に高めました。 その地域の中央銀行はインフレを抑えるために金利を引き上げてきました。

他のアジア諸国の景気後退の可能性は、調査で変更されていません。 経済学者たちは、中国が低迷に陥る可能性が20%、韓国や日本が低迷に陥る可能性が25%と見ています。

アジア経済はヨーロッパやアメリカに比べて概ね回復力がありました。

ムーディーズ・アナリティクス(Moody’s Analytics Inc.)のアジア太平洋エコノミストであるスティーブン・コクレーン(Steven Cochrane)は「急騰するエネルギー価格がドイツやフランスなどの国に最大の打撃を与え、波及効果が残りの地域にも影響を及ぼした」と言った。

彼は一般的にアジアの景気後退リスクは約20~25%で、米国が景気後退に入る確率は約40%、ヨーロッパは50~55%だと付け加えた。

ブルームバーグエコノミックスのモデルは、今後12ヶ月以内に米国の景気後退の可能性を38%と予測しています。 これはわずか数ヶ月前に約0%から増加した数値です。 このモデルは、住宅許可および消費者調査データから10年と3ヶ月の国債利回りの間のギャップまで、さまざまな要素を統合しています。

READ  楽天のeSIMが当日開通可能です。サードパーティ製のiPhoneユーザーのインポート狙う流​​出の危険大(石川ウォン) - Engadget日本版

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close