技術

インド、日本、オーストラリア、インド太平洋地域では、中国に対応するために、サプライチェーンの取り組みを開始

インドの – 太平洋地域では、中国のサプライチェーン上の優位性に対抗するために、インド、日本、オーストラリアの貿易大臣は火曜日、仮想3者大臣会合で、サプライチェーンの弾力性イニシアティブ(SCRI)を正式に開始しました。

“SCRIは、最終的に地域で強力かつ持続可能でバランスの取れた包容的な成長を達成するために、サプライチェーンの弾力性を向上させる好循環を作ることを目指しています。 長官は、SCRIの拡張が必要な​​場合合意に基づいて検討されることに同意しました。」と、3人の貿易大臣は会議の後、共同声明で述べた。

2019年3カ国の累積GDPは9兆3千億ドルであり、累積商品やサービスの取引は、それぞれ2兆7千億ドルと0.9兆ドルでした。

ビデオ会議で開催された会議には、インドの貿易大臣Piyush Goyal、オーストラリアの貿易、観光、投資長官Dan Tehanと日本の経済、貿易と産業大臣Kajiyama Hiroshiが参加しました。 貿易省は、昨年9月に、サプライチェーンの取り組みの可能性を模索するために、最初に会った。

「昨年9月から、オーストラリア、インド、日本との間のハイレベル協議をもとに長官は、サプライチェーンの中断を避けるためのリスク管理と継続計画の重要性を指摘して弾力的なサプライチェーンを強化するという約束を確認した。 可能な政策措置には、次のものが含まれます。 (i)デジタル技術の改良された活用をサポート; そして(ii)貿易と投資の多角化をサポート」と共同声明は述べている。

最初にSCRIは、サプライチェーンの弾力性のためのベストプラクティスを共有し、投資の促進イベントやバイヤー – セラーマッチングイベントを開催して、利害関係者が、サプライチェーンの多角化の可能性を探索することができる機会を提供することに重点を置くことです。 長官は、管理者に初期のプロジェクトを実行し、取り組みをさらに発展させるように指示しました。

長官は、SCRI実施のためのガイドラインを提供してイニシアチブを開発する方法について協議するために、少なくとも1年に1回招集することを決めました。 長官は、COVID-19流行が人命の損失、生活と経済への影響の観点から、前例のない影響を及ぼしており、流行が世界と地域のサプライチェーンの脆弱性を表わしたという点を認めました。 長官はまた、様々な要因により、一部のサプライチェーンが脆弱な状態で残っていると指摘した。

9月3者会議に出席したGoyalは同じ考えを持った国が現在、インド – 太平洋地域の信頼性と信頼性の高いサプライチェーンのために緊密に協力していると言いました。 Goyalは「イニシアチブは、インド – 太平洋地域で「サプライチェーンの再離脱」の可能性があるコロナ19以降のシナリオで、より適切な時期に来ることができませんでした。」と言いました。

購読 ミントニュースレター

* 有効な電子メールを入力してください

* ニュースレターを購読いただきありがとうございます。

READ  MSI、AmazonプライムデーでゲーマーのためのノートPCを最大20%割引の特別価格で販売

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close