経済

インド、日本、オーストラリア、サプライチェーンの弾力性イニシアチブを開始

インド、日本、オーストラリアは、火曜日に、仮想3国長官会議で、サプライチェーンの回復力イニシアティブ(SCRI)を正式に開始しました。 SCRIに基づいて、各国は、サプライチェーンの弾力性のためのベストプラクティスを共有し、投資の促進と買い手 – 売り手のマッチングイベントを開催して、利害関係者がサプライチェーンを多様化する機会を提供しています。

Dan Tehan、オーストラリア貿易、観光、投資大臣; 商工部長官被有志ゴヤルと日本経済産業省大臣宏梶山が長官会議に出席した。

包容的成長のための競争

SCRIは、最終的に地域で強力かつ持続可能でバランスの取れた包容的な成長を達成するために、サプライチェーンの弾力性を向上させる好循環を作ることを目指しています。

長官は、Covid-19疫病が人命の損失、生活と経済への影響の観点から、前例のない影響を及ぼしており、伝染病が世界と地域のサプライチェーンの脆弱性を表わしたという点を認めました。 長官はまた、いくつかのサプライチェーンのさまざまな要因により脆弱な状態で残っていると言及しました。」との公式声明は付け加えました。

この計画は、昨年9月から3カ国のうちハイレベル協議を経て開始された。 3国は、弾力性のあるサプライチェーンを強化するという意志を表明しながら、デジタル技術の活用の強化を支援して貿易と投資の多角化を支援するための政策措置を採用すると発表した。

3国長官はまた、SCRI履行のための協議のために1年に1回以上招集することを決定した。 長官はまた、取り組みのためのビジネスと学界の重要な役割を言及し、これを推進するために必要に応じて、頻繁に会うように管理を指示したとの声明は付け加えた。

READ  最新ニュース:ワシントン州、対面授業の推進| セントルイスのビジネスニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close