経済

インド、日本、循環経済の両者の協力強化:Yadav

9月7日、ニューデリーでBhupender Yadav環境森林気候変動連合長官は、インドと日本が特に循環経済と資源効率、低炭素技術、緑水素等に関する両者の協力強化を模索することができると言いました。

矢田ブ(Yadav)と小泉進次郎(Koizumi Shinjiro)、日本環境相は、今日の仮想で初のインド – 日本の高位級政策対話を開催し、大気汚染、持続可能な技術と輸送、気候変動、海洋ごみ、炭化フッ素、COP 26等に関する問題を議論しました。

会議でYadavは、環境のためのインド – 日本の二国間協力の重要性を認識し、インドで新技術を導入しようとする日本の努力を高く評価しました。

彼はまた、インドがナレンドラ・モディ(Narendra Modi)首相の指導の下、気候変動に対処した成果を強調しました。

「Shri @NarendraModi Ji首相の指導の下、インドは、パリ協定の目標を達成するだけでなく、超過達成しました。 インドは問題を解決するための新しい技術を導入しようとする日本の努力を高く評価します。

矢田ブはツイートで「地球環境問題」と述べた。

低炭素技術に対する日本の専門知識と技術を考慮すると、環境大臣はまた、日本のインドとスウェーデンが主導するグローバルイニシアチブである産業転換のためのリーダーシップのグループに参加を検討することを要請しました。

小泉進次郎、日本環境相は、両国が共同クレジットメカニズム(JCM)と災害復元インフラ連合(CDRI)を介して両者の協力を強化することができると述べています。

また、G20が承認した分野は、特に気候、環境、エネルギー分野での協力を模索することもできます。

双方は、環境に関する二国間の協力をさらに強化し、JCMの議論を進めることにした。

ユニNY SHK2107

READ  中国、経済を主導するために、人口比生産性に賭け

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close