インド、韓国、アメリカ、日本、EU、バイオ医薬品同盟の発足

1 min read

ソウル: インド、韓国、アメリカ、日本、欧州連合(EU)は、木曜日のバイオ医薬品部門で弾力的なサプライチェーンを構築するための共同努力のための同盟を始めました。

世界最大のバイオ医薬品展示会であるバイオ国際コンベンション(Bio International Convention 2024)期間中、サンディエゴでバイオ医薬品アライアンス(Biopharmaceutical Alliance)創立総会が開かれたと連合ニュースが報じた。

この日の会議には参加国政府関係者とバイオ・製薬企業代表らが参加した。

参加者は信頼できる持続可能なサプライチェーンの重要性を強調し、各国のバイオ政策、規制、研究開発支援策を調整することに合意しました。

彼らは、必要な原料と成分の生産がいくつかの国に集中していることを認識し、詳細な医薬品サプライチェーンマップを構築するために協力することに合意しました。

今回の同盟はコロナ19事態による医薬品供給不足に対応して発足した。

韓米は核心新技術関連対話を12月に開催することで合意し、これを日本、インド、欧州連合(EU)などに拡大した。

(イアンス)

READ  科学者たちは孤独な島で「不快な」発見:プラスチック岩
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours