インド、韓国、アメリカ、日本、EU、バイオ医薬品同盟の発足

1 min read

物語は以下から続く。

韓国、インド、米国、日本、欧州連合(EU)がバイオ医薬品分野の弾力的サプライチェーン構築のための共同努力のために一堂に会したと大統領府が木曜日ソウルで明らかにした。 。

世界最大のバイオ医薬品展示会である「バイオ国際コンベンション2024」期間中、サンディエゴで開かれたバイオ医薬品アライアンス(Biopharmaceutical Alliance)創立総会には、政府関係者と参加国のバイオ・製薬企業代表らが参加したと連合ニュースが報じた。

物語は以下から続く。

参加者は安定的で持続可能なサプライチェーンの重要性を強調し、各国のバイオ政策、規制、研究開発支援策を調整することに合意しました。

彼らは、必要な原料と成分の生産がいくつかの国に集中していることを認め、詳細な医薬品サプライチェーンマップを構築するために協力することに合意しました。

今回の同盟はコロナ19ファンデミックによる医薬品供給不足に対応して発足した。

物語は以下から続く。

韓米は去る12月の核心新技術対話で同盟を結ぶことに合意し、これを日本、インド、EUなどに拡大したと報告書は明らかにした。

READ  日本経済は転換点を迎えているか?
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours