インド、韓国、日本はIPOで忙しく、中国は停滞

Estimated read time 1 min read
アジア太平洋企業公開(IPO)が5年ぶりに最悪の四半期を記録した後、韓国、インド、日本で活動が回復すると予想される一方、中国取引は依然として稀に維持されるものと見られる。

ブルームバーグが集計したデータによると、1月と3月の間に、地域全体の新株売上高は110億ドルに減少しました。 これは昨年同じ期間に比べて46%減少した金額だ。

拡大する


IPOはヨーロッパとアメリカの主要な場所に戻ってきたが、アジアの鈍化は、主に中国が株式市場への信頼を高めるために国内新株販売の調査を強化することを決定したことによる。 中国経済への懸念により、香港でも大規模な取引が消えた。 市は2022年10月以来、10億ドル以上の提案を誘致したことがありません。

シンジェンタグループは先週上海で長い間遅れていた90億ドル規模の企業公開(IPO)申請を撤回したが、これはアリババグループホールディング(Alibaba Group Holding Ltd)が計画された物流部門上場をキャンセルした後、中国株式市場にさらに打撃を塗った。

この地域の他の場所では、数億ドルを集める新しい株式の売却が表面化しています。 国内では海洋サービス企業であるHD現代マリンソリューション(HD現代マリンソリューション)と株主1人が今月最大7420億ウォン(5億5100万ドル)を要求している。 最低価格帯でも2022年初め以降、ソウル最大IPOになるだろう。

インドは1月上旬から数多くの小規模取引を誘致し、過去1ヶ月間に規制当局の調査を受けました。 国内株式に対する需要が依然として高い中、1億ドル以上の株式が市場に発売されると予想されます。

通信サービスプロバイダーであるBharti Hexacom Ltdの株主は、今週最大428億ルピー(5億1300万ドル)を調達できる会社株式の売却を開始する予定です。 ムンバイで予想される大規模な取引パイプラインには、Bajaj Housing Finance Ltd.の潜在的な10億ドルの提案も含まれます。

拡大する

日本では、3月21日上場以来、割引店チェーン運営会社であるTrial Holdings Incの株価が70%急騰し、株主の利回りと企業利益の改善が現地市場の楽観論を復活させ、他の新規参入者の心理を高めることができます。 388億5千万円(2億5700万ドル)のIPOは、10月以降東京最大のIPOでした。

一方、香港ではシンジェンタとアリババが提案した取引が廃棄されて以来、中国企業が配管しているため、伝統的に世界で最も忙しい上場場所の一つだった場所の干ばつはおそらく続くでしょう。

READ  StevensvilleのPRSギターが、日本での事業を引き受ける| 事業
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours