経済

インドでの多くの日本投資プロジェクトの遅延:日本大臣

画像ソース:ピクサーベイ

インドでの多くの日本投資プロジェクトの遅延:日本大臣

インドの多くの投資プロジェクトが遅れており、インド政府の支援がそれを回復するために不可欠であると日本の経済、貿易、産業の次官が水曜日に語った。 CIIパートナーシップ・サミットでは、日本経済産業省国際省次官Hirose Naoshiは、インドが外国人に直接投資を引き付け、魅力的なビジネス環境を提供するために国際市場への開放性を維持する必要があると述べました。

ナオシは、「日本企業は、工場の建設や生産ラインの拡大など、インドに200以上の興味深い投資計画を持っていますが、ほとんどが遅れたり延期されました。言いました。

インドはもはや単純な市場ではなく、輸出基地であるという認識が広く共有されています。 しかし、外国人直接投資誘致は世界経済で非常に競争力があると彼は付け加えた。

「…外国企業がインドを輸出投資地として選ぶためには、魅力的なビジネス環境を提供することが非常に重要です。

「国内ですべての投入物を入手できるわけではないので、投入物と部品を提供することも必要です。 したがって、インドは、グローバルサプライチェーンにおける位置を改善するために、国際市場への開放性を維持する必要がある」と出てくる。

インドは、グローバルサプライチェーンで重要な役割を果たすために自立するインドを目指し、生産連携インセンティブ制度を始め、投資誘致に努めていると付け加えた。

ナオシは「インドの日本産業競争力パートナーシップがインドの自立に貢献し、インドのイニシアチブを作ることを期待する」と述べた。

彼はまた、日本とインドの協力は量子関係に限定されないと述べた。

「現代社会における経済に対する自立は現実的ではないということは言うまでもありません。私たちは、市場の一部のソースへの過度の依存を避け、緊急の状況でもサプライチェーンが効率的に機能できることを保証しなければなりません。」と出てくる。 。

鈴木さとし主人も日本大使はコロナ19制限でグローバルサプライチェーンが深刻な影響を受け、高い調達コスト、半導体不足、原油価格上昇につながり、多くの国で製造・販売に打撃を与えたと述べた。 しかし、インド経済は拡大し続けています。

鈴木は「日本は世界最大の民主主義国であるインドとのパートナーシップを非常に重要と見なした」と語った。

彼は1,400社以上の日本企業がインドに投資したと述べた。

「グローバル経済のさまざまな課題にもかかわらず、すでにインドに投資している281社の日本企業の約70%が、今後1~2年以内にインドで事業活動を拡大する準備ができていると答えました。これはもう一つの肯定的な要素です。鈴木は日本企業がインドに進出するという期待の表示だと話した。

彼は、インドの実際の可能性を考慮すると、日本企業の投資がまだ期待に達していないと述べた。

鈴木氏は、「日本からインドへのさらなる投資が行われるためには、インド政府が予測可能性と安定性を確保し、ビジネス環境をさらに改善することに先駆けていくことが不可欠だ」と述べた。

タタ・コミュニケーションズの専務理事兼CEOであるAmur S Lakshminarayananは、インドと日本は、デジタル革新がより良い未来を助長すると信じており、「デジタル」への移行はソサエティ5.0に向けた日本の進歩の基盤だと述べた。

「Tata Communication Global NetworkまたはTGNを介して日本を東、西、グアムに接続します。実際、現在商業用トラフィックを配信する予定の9,400 kmのケーブルに追加投資を行っています。

Lakshminarayanan氏は、「この大容量ケーブルは、5G、クラウドプラットフォーム、IoT、AIの技術の発展によって主導される帯域幅集中型アプリケーションをサポートするだろう」と述べた。

また読む Modiキャビネット、デジタル支払いを促進するための1,300億ルピーのインセンティブ計画の承認

最新のビジネスニュース

READ  今週事業| エコノミスト

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close