インドで政策安定を望む日本企業:住友会長

Estimated read time 1 min read

突然の政策変化により事業運営が難しくなり、日本企業はインドで政策安定を模索していると、住友商事インド法人の堀越太郎会長兼専務は語った。 Ltdは最近、インドでノートパソコンやタブレットを制限する状況を背景に話しました。 インド日本商工会議所(JCCII)会長でもある堀越会長は、インタビューで2019年のインド自動車産業の危機とそれに伴うコロナ19ファンデミックにより、インド内の日本企業数が停滞状態を維持していると話した。 同氏は、JCCIIは、包装消費財や半導体を含む様々な分野で日本企業の関心が急増することを目撃していると述べた。 Horikoshiは、長年の低迷の後、インドの日本企業の数が増えると確信しており、JCCIIは包装消費財と半導体分野の企業の利益を擁護するために2つの新しい委員会を設立すると述べました。 編集された抜粋:

インドは国内製造業を奨励するために努力してきました。 その戦略の一環として、我々は原材料に対する輸入関税を下げ、携帯電話やノートパソコンなどの完成品に対する関税を引き上げてきました。 インドが関税を引き上げながら保護主義が強化されているという批判もある。 あなたの見解は?

もちろん、これはあなたがコンピュータについて述べたように突然の政策変化でした。 そこで、インド政府側の意図が多いことがわかっています。 しかし、この急激な変化は、私たちが直面する困難の一つです。 だから、より安定性が必要です。 そうでなければ、私たちはインドで事業と投資を続けるのに多くの困難を経験します。

インドに進出した日本企業の数は、過去数年間でかなり停滞しています。 日本企業がインドに直面している問題は何ですか?

だからこれは私の個人的な観察です。 その理由の1つは、2019年に自動車生産量の問題により財政上の問題があったことです。 この数字は突然減少し、これはすべてが期待していたものよりはるかに低かった。 そしてそれ以来、コロナ19ファンデミックが迫り、日本企業の一部は収益を出すのに苦労しました。 一部の会社はリストラをする必要がありました。 だからそのような状況では、インドに入ることは困難でした。 私たちはインドに大きなチャンスがあり、競争が非常に激しいことを観察しました。 インドでは、収益化には長い時間がかかります。 インド市場にも障害物が多い。 しかし同時に、インドでは職場でも多くの改善がなされたと思います。 たとえば、GST(商品サービス税)の導入は非常に大きな変化であり、二重課税の問題も解決されました。 まだ障害物が多いと思いますが、ビジネスのしやすさは良くなりました。 だからインドが変わっていると思います。 2019~20年以降危機があったが、日本企業の数は増えなかった。 しかし、今から増加し始めるという点は比較的肯定的です。

岸田文夫(Kishida Fumio)首相は、日本が今後5年間、インドに420億ドルを投資すると発表した。 日本の投資を誘致する特定の部門はありますか?

したがって、私が理解した首相の公約には、政府部門と民間部門の投資と財源の両方が含まれます。 だから当然、新幹線プロジェクトのようなものが一つの領域になり、自動車関連分野に多くの投資が行われ、鉄鋼分野やおそらく再生エネルギー分野もその一部になるだろう。 半導体関連分野でも新たな分野が出てくると期待されています。 私たちが見るのは、日本企業も急速に動く消費財(FMCG)にさらに集中しているということです。 JCCIIには、特定の分野について積極的に議論する約20の委員会があります。 最近、私たちは半導体とFMCGのための新しい委員会を作ることを検討しています。 半導体会社の場合、具体的な名前はありませんが、より集中しているようです。 半導体関連素材や一部関連機器にあります。 日本政府と業界団体もこれら企業を支援しようとしている。 私たちは雰囲気が急激に変化するのを見ます。

日本はバングラデシュとインド北東部を中心に新たな産業価値チェーンを構築しようとしてきた。 このコンセプトが成功すると思いますか? 日本企業の間に興味がありますか?

私たちは今週バングラデシュを訪れ、いくつかのJCCIIメンバーがバングラデシュを訪問し、マタバリ港を訪問し、バングラデシュ駐在日本大使館が主催するセミナーにも参加しました。 これは継続的なイニシアチブであり、接続性が向上すると日本企業の機会が向上する可能性があると思います。 しかし、依然として各日本企業が北東部への投資について言及するには比較的少し早いです。

日本企業は、世界の他の地域に輸出するために製造をインドで探していますか?

一般的に、欧州とアメリカの企業は、インド市場だけでなく、アフリカ、東南アジア、その他の世界地域の製造拠点として、インドへの投資を加速することを検討しています。 現在、一部の日本企業はインドをアフリカ、中東、東南アジアなどの市場に輸出して接近するための基地と考えています。 それは私たちの見解にもありました。 JCCIIはまた、インドからアフリカへの輸出に関する研究を開始するために、昨年輸出委員会を設立しました。

「エキサイティングなニュース!MintがWhatsAppチャンネルに登録されました。 🚀 今すぐリンクをクリックして購読し、最新の金融情報を入手してください!」 ここをクリック!

READ  致命的な腎臓火災で中国の「COVIDゼロ」政策への怒り
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours