理科

インドと日本の間のMoU、大気科学協力継続| インドのニュース

ニューデリー:労組内閣は、水曜日に国立大気研究所(NARL)と持続可能な人間圏研究所(RISH)との間に署名された覚書(MoU)が京都大学の学術研究協力と交流のために発表された。 。
公式発表によると、昨年11月に署名されたMoUはNARLとRISHが大気科学と技術、共同科学実験、キャンペーンとRISHとNARLの研究施設を活用する関連モデリング研究分野での協力を継続できるようにすることです。
この覚書は、日本信楽のMU(中高層大気)レーダー、インドネシアコート他方のEAR(Equatorial Atmosphere Radar)、RISHで提供される補完装置、Mesosphere-Stratosphere-Troposphereのような施設の相互利用につながる。 (MST)レーダーとNARLで利用できる補完装備。
NARLとRISHは大気科学と技術の分野や科学者の交換の分野で協力してきました。 この協定は、2008年MoUを介して策定されており、2013年に更新されました。
新しい指示に従って、共同研究を促進するための新たなMOUが2020年11月、双方が署名した。
NARL科学者たちはRISHが実行する大気レーダーの国際学校の資源担当者として働いています。
京都大学教授と研究チームがNARLを訪問し、両機関が行う共同研究を強化するために集中ワークショップを行いました。
READ  COVID-19は、ブラジルで「超菌類」出現のための条件を作成します

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close