トップニュース

インドの名門IIT学校の卒業生は、デジタル化のための日本の努力についてどう思いますか?



右側から、Soumyadeep Roy、Gopal Aggarwal、Lav Shindeは、東京五島区の東日印刷株式会社にあります。 (毎日/川上たまみ)

TOKYO – IIT(Indian Institute of Technology)は、世界最高かつ最も有名なIT専門家、Google親会社Alphabet CEO Sundar Pichai、および新しいTwitter CEO Parag Agrawalを排出します。 一方、IT労働者、特にIITの卒業生へのビジネスの世界の渇望は、特に日本でのみ大きくなっています。 それでは、日本で働くIITの同窓会は、この国のデジタルトランスフォーメーションについてどのように考え、どのような問題が残っているのでしょうか。 毎日新聞は、一部の学校の卒業生と話をしました。

2015年にデリーインド工科大学を卒業したAmandeep Singhは、東京に拠点を置くスタートアップ専門ベンチャーキャピタル会社で働いています。 毎日新聞とのインタビューで、日本には質の高いITスタッフがいるが、給与は他の職業に比べて多くはないと述べた。 インドでは、IT労働者は比較的良い雇用条件を持っています。

Singhの母校は、他の科目の中でコンピュータサイエンスと電子コースで有名です。 最初の国家機関は、1951年に西ベンガル市のカラグプールにオープンしました。 現在、インド全域に23のIIT学校があります。 50人の学生が学校の入学試験で提供されるすべての席をめぐって競争し、今彼らは国家最高の科学才能を集めているといわれています。

Singhによると、IT関連分野の人気が高まる背景には高い賃金があります。 彼は多くの外国企業がインドで事業をアウトソーシングしており、これらの従業員は月に「最低100,000円」(約860ドル)または基本料金の約10倍を稼ぐとMainichiに語った。 「これはただの平均だ」

インド経済新聞The Economic Timesのオンライン版は、2021年12月に就職市場に入ったIIT卒業生の募集について説明しました。 米国の自動車通話大企業Uber Technologies Inc.は、IITの卒業生に基本給、契約金、その他のボーナスを合計2,000万ルピー提供することを報告しました。 (約3,120万円または$269,000)。

2001年、IIT Kharagpurで博士号を取得し、東京国際大学のInstitute for International Strategyに勤務しているParag Kulkarni教授は、Mainichiに、インドの両親は子供がエンジニアや医師になることを夢見ていたと語った。 しかし、今日のIT分野は、AlphabetのPichai、TwitterのAgrawalなどの成功事例に注目されています。 彼は1990年代までインド全域にIIT学校がほとんどなかったと付け加えた。

IITの卒業生はどのような利点がありますか? Saurabh Sharma(37歳)は、日本に来る前に2010年のIIT Kanpurで修士課程を終え、現在クリーンエネルギー技術の研究開発に参加しています。 彼は卒業生の間の結束の力を引用しています。

その関係は、IITにいるときだけ生徒の間にいるのではなく、生涯にわたって彼らと一緒にして、次の世代に渡されることもあると彼は言いました。 IIT同窓会にも日本支部があり、在学生と関連者で構成されたソーシャルメディアグループ会員は約200人ほどだ。

毎日の新聞やその他の新聞を印刷する東京に拠点を置く東日印刷株式会社は、2017年からIITの卒業生をITエンジニアとして雇用しており、現在6人の従業員です。 毎日がメーカーを訪れたときに会った彼らはラブ・シンデ(26)、ゴパル・アガワル(27)、ソミディープ・ロイ(25)だった。

ShindeとAggarwalが2016年のTonichi Printingでインターンとして働いたとき、上司は従業員のスケジュールを共有するために何かを作るように依頼しました。 それまで、会社の会議室の予約は紙で行われました。

2人は、従業員のスケジュールをオンラインで管理および共有できるアプリケーションを開発するために約2ヶ月間一緒に作業しました。 会社に就職した後、彼らと他のIIT卒業生はシステムの改善に取り組んでおり、現在約200人の従業員が利用できる効率向上アプリを完成しています。 チームはまた、Tonichiの従業員が共有できるように、スマートフォンや他のデバイスで撮影した名刺写真からデータを抽出するためのツールを開発し、消費財としても販売されました。

Singhは、日本のデジタル化について日本の「購入力が非常に強い」と述べた。 4Gが日本で首尾よく採用された理由は、人々が余裕があるため、デジタル化が進むからだと述べた。 これに対して「インドでは4G、3G、2Gのいずれかのオプションがあればほとんどの人が…もっと安いなら2G、3Gを選ぶだろう」と話した。

厚生労働省統計によると、2020年の日本情報通信部門で働く外国人は71,284人です。 国籍別に分類すると、インド人は12,229人の「その他」カテゴリに含まれます。 しかし、この分野で働くインド人の数は、33,533人の労働者に最も代表される国である中国や他の地域の数よりはるかに少ないようです。

2019年の経済産業省報告書によると、ITサービスに対する需要が中程度(約2~5%)成長すれば、日本のIT人材不足は2030年までに約45万人に達するという。

IITの学生の間で最も人気のある雇用国はアメリカです。 IITハイデラバード助教授の片岡光太郎は、「日本は次第に魅力的な選択肢になっているが、日本に行きたいという願望がないのが現実だ。このきちんと評価されてほしい」と話した。

(外信部川上玉美の日本語オリジナル)

READ  西日本130万人が豪雨で避難命令

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close