インドの女性、日本を3-2で破って初決勝に進出

Estimated read time 1 min read

シャ・アラーム(マレーシア):女子シャトラーが爽快な準決勝で2回前チャンピオン日本を3-2で破って初決勝に進出した後、インドはバドミントンアジアチーム選手権大会で史上初の金メダル獲得の希望を続けました。 土曜日。

世界23位のTreesa JollyとGayatri Gopichandジョー、世界53位のAshmita Chalihaと17歳のAnmol Kharbが、最初のダブルスと2番目のダブルスで驚くべき勝利を記録し、決定的な断食でインドを首脳会談に進出させた。です。 インドは日曜日の決勝戦でタイと対戦する。

インドは2016年と2020年の男性団体戦で2つの銅メダルを獲得しました。

日本には世界ランキング4位の山口朱根、世界ランキング7位の福島由紀-広田さやか、世界ランキング8位の松本真由-長原若菜などがなかったが、依然として面倒な方でインドを難しくした。 長年の負傷で復帰した新頭は、中国の韓位に(Han Yue)と香港のロシンヤンハッピー(Lo Sin Yan Happy)を相手に勝利を収めたが、左利きの綾織(Aya Ohori)を相手には良い成績を出せず、1回目で13-21、20-22に敗れた。 シングルはインドを再び固定します。

初ダブルスを務めたトリサワカヤトリは73分間の試合で世界ランキング6位の松山奈美と志田千春を21-17、16-21、22-20で抜いてインドが1-1で引き分けを記録するなど最高の活躍を広げた。 。

全世界チャンピオンの奥原希(現在20位)を相手に左手投手のアシミタはオーバーヘッドクロスドロップとジャンプスマッシュを活用して攻撃的な試合を繰り広げ、衝撃的な21-17、21-14勝利を記録した。 インドは2-1に先んじています。

Tanisha Crastoが問題を抱えていたため、SindhuはAshwini Ponnappaと対戦しました。

5試合で2-2に均等にバランスを保った状態で、Anmolは世界29位のNidaira Natsukiを飼いならす責任を引き受け、インド人はもう一度期待に応え、52試合で21-14、21-18勝利を収めた。です。 分。

READ  PGAツアーチャンピオンズ、フェニックスで2年のスーパーシーズンの仕上げスポーツ
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours