技術

インドの金融機関は、数十億ドルの価値の技術取引を捕捉する新世代の人材を探します。

投資銀行は、東南アジアとインドの急速に成長し、消費者のインターネット市場が同業に沿ってとりながら取引を新たな次元に引き上げながら技術の雇用を増やしています。

グローバル金融業者であるBarclays PlcとCitigroup Inc.は、新しい上級職を新設し、地域とのブティック店は買収と株式公開(IPO)の急増を捕捉するために人材を補充しました。

インドヘッドハンティング会社であるExecutive PrinciplesのマネージングディレクターであるAnand Menonは「すべての投資銀行は、技術、メディア、通信銀行家を雇うしようとします。 「TMTは、複数の頭の赤ちゃんを産む動物です。 私たちは、これらのスタートアップのような速度でそれらをカバーする起業家のように考えている新世代の銀行家が必要です。 “

アジアの技術中心の投資銀行家たちは、以前に、日本と韓国、そして最近では、中国のように、より大きく、より発展した市場に焦点を合わせた。 コロナウイルス感染症の電子商取引およびリモート勤務ブーストに力づけられて金融は約20億の人口の市場を開拓しながら、スタートアップ一緒に仕事するために競合しています。

ブルームバーグニュースは、東南アジアでシティグループがTMTを監督するための新しい専務理事の役割を新設したと報道しました。 BDA Partners Inc.、BNP Paribas SAとMalayan Banking Bhd。は、最近、この地域での部門の雇用をし、又は作成している他の銀行のいずれかと、この問題に詳しい消息筋は言いました。

Barclaysのインドの投資銀行の責任者であるPramod Kumarは、企業が高位職を追加して、ムンバイでのチームを強化している言いました。 この問題に精通した関係者によると、JPモルガン・チェースエンコ(JPorgan Chase&Co.)は、マネージング・ディレクターレベルでTMT銀行を雇っている。

BNPパリバようJPモルガン代表はコメントを拒否した。 BDA Partnersの代表は、会社が、インドと東南アジアの技術投資銀行で活発に活動しており、この分野での継続雇用すると言いました。 シンガポールのMaybank Kim Eng Groupの投資銀行部門責任者であるRajiv Vijendranは銀行がTMTを含むビジネスの成長のための新たな領域を継続的に探していると言いました。

インドのEdelweiss Wealth Managementの最高経営責任者であるAshish Kehairは投資銀行部門で技術的専門知識を備えた3〜5人の銀行家を雇用してと言いました。 「デジタルと技術は、現在、力を倍にさせる効果があります。」と彼は言いました。

取引記録

銀行員は手にいっぱいになるでしょう。 ブルームバーグが集計したデータによると、南アジアと東南アジアで発表された技術、通信、メディア取引は今年記録的な930億ドルで、前年同期の約2倍です。

地域の指導者の統合は、既に行われています。 車両の共有と決済巨人Gojekは5月に電子商取引のパイオニアPT Tokopediaと合併して、インドネシアで最大のインターネット企業を作ることに合意した。 次の停止は、資本市場では、結合された会社が約300億ドルの価値があると、国内および米国上場で最大20億ドルを削除することを検討しているBloomberg Newsが7月に報告しました。

東南アジア、インドの技術スタートアップ規模と規模の面で成熟しており、多くの企業がユニコーンになり、いくつかの直接上場や白紙小切手企業との合併により、上場する準備ができているとTMT for Asia ex-Japanの責任者であるJwalant Nanavatiが言いました。 Nomura Holdings Inc.の4月に日本の銀行は、TMTに焦点を当て、シンガポールのマネージング・を採用したとBloomberg Newsは報告しました。

ブティック投資銀行BDA Partnersの東京素材パートナーであるJeff Actonは「ファンデミクは、オンラインビジネスモデルの消費者がより迅速に採用するという面で強力なドィトバラムを提供しました。」と言いました。 「東南アジアの技術生態系は、比較的若いが、多くの第1世代のテクノロジー企業で急に需要が増加しました。」

消費者志向の企業は、最初の上場の波を主導しました。 インドネシアのオンラインマーケットプレイスであるPT Bukalapak.comは8月に15億ドルを調達しており、食品の注文プラットフォームZomato Ltd.は、インドIPOで13億ドルを調達しました。

シティグループ(Citigroup)のジェームズ・ペリー(James Perry)アジア太平洋技術投資銀行の共同代表は「この地域の消費者のインターネット市場は、しきい値に達したし、非常に強力な成長を続けて示している」と述べた。 。 「破壊はまだ主要テーマであり、投資家は、このような機会に投資することを熱望します。」

チャイナテールウィンド

銀行は、特別目的買収会社のような潜在的買収企業が最近の新興企業を避けることにより、技術の大企業のための中国の全面的な取り締まりがこの地域の他の国に利益になったと言いました。

投資家は、中国の規制問題について、より明確になるのを待っているとMaybankのVijendranが言いました。 彼は「中国の取り締まりは、アセアンスタートアップのグローバルプレーヤーと米国SPACの関心を集中させた」と述べた。

BDAのエクトゥン(Acton)は、「最近、開発によるリスクが高いプロファイルを考えると、投資家が東南アジアに多くの比重を割り当てることと期待する」と、中国は依然として資本の重要な目的地として残るだろうと付け加えた。

CitigroupのPerryは、アジア最大の経済が今年、北京の政策措置により、混乱を経験したが、市場が引き続き新しい「興味深い」企業を生み出すことにより、取引活動が回復されると言いました。

BarclaysのKumarは「デジタル技術の価値上昇は、すべての企業で示されています。 “これは技術と伝統分野の融合によって駆動される世俗的な傾向であり、今後も継続されます。”

READ  [빠즈도라 공략]不滅型」御影「最強のテンプレート編成! オススメのサブもチェック! | AppBank

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close