経済

インドの需要恐怖、弱い日本の原油輸入は原油価格をたたく

ニューヨーク:原油価格は金曜日、日本の原油輸入データ安とCOVID-19感染が急増した、インドの燃料需要への懸念で投資家がポジションをキャンセルしながら金曜日6週間の最高値からの低下しました。

米国の原油およびグローバルベンチマークであるブレントは3週間以上毎日の最大の下落を記録したが、それぞれ毎月6%と8%近く上昇しました。 全世界の燃料需要は、混合されて、米国と中国の消費が増加して、他の国では、感染率の上昇を防ぐために閉鎖を再開します。

ブレントはバレル$ 67.25で精算されて$ 1.31(6月ジョンウォルムル取引最終日1.9%)下落しました。 6月に米国西部テキサスインターミディエートは、バレル63.58ドルで1.43ドル(2.2%)下落しました。 ブレントは週に1.7%上昇したWTIは2.3%上昇しました。

シカゴのPrice Futures GroupのシニアアナリストであるPhil Flynnは「今月言葉て少しの利益を得たが、最大の問題は、COVIDに関連して、インドから出てくるレポートと思います。」と言いました。 「不確実性は、市場を優位におきました。」

世界で3番目に大きい石油消費国であるインドは、木曜日にCOVID-19の事例が1,800万件を突破し、病院と霊安室が圧倒的に大きな危機に瀕しています。 米国はこの国からの旅行を制限していると関係者たちは金曜日発表した。

もう一つの主要原油バイヤーである日本では3月に収入が前年同期比25%減の234万バレルで、政府の統計によると。 しかし、国の工場活動は、2018年初め以来、最も急速に拡大しました。

OPEC原油生産量は、イランからのより多くの供給に4月に増加し、カルテルと同盟国との供給を減らすための条約に反論しました。

ロイターの調査によると、ブレントは先月のバレル63.12ドルと、今年のこれまでのベンチマークの平均62.30ドルで上昇した2021年の平均64.17ドルになると予測している。

READ  「Go To Eat」参加意向のあるレストランは38.3%、使用したい予約サイト1位は「食べログ」:MONEYzine:資産運用とお金が近い

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close