経済

インドの – 日本、「熟練労働者」に移動協約締結

インドと日本は、日本政府が特定のレベルの専門知識と技術を保有している外国人を受け入れる「特定の機能の労働者」(SSW)システム運用のための基本的なパートナーシップのフレームワークの協力覚書(MoC)に署名した。

日本の関係者は「両国政府は、近い将来にインドとのSSWシステム移行を準備するために協議をする」と述べた。 ビジネスライン

この覚書は、月曜日鈴木、佐藤キーのインド駐在日本大使とハスィバル段シューリンラ外相が署名した。

SSWは、特定のレベルの専門知識と技術を持つ外国人を収容するために2019年4月に日本で行われた新たな在留資格です。 特定の専門家と言語能力を備えたインド国民はSSWシステムの下で働くことができます。

関係者は、「SSWに対応する14個の特定の産業分野があり、それぞれの分野の労働者と専門家が修飾されることがあります。 これら:看護(介護); 建物のクリーニングの管理; 機械部品や金型産業; 産業機械工業; 電気、電子、情報産業; 建築業界; 造船及び船舶機械工業; 自動車修理およびメンテナンス; 航空産業; 宿泊業; 農業、漁業と養殖業; 食品および飲料の製造; そしてフードサービス業界。

興味深いことに、システムの下で、それぞれの国の固定割り当てがありません。 「契約は事業単位で行われ、現在のSSWで日本にどのように多くのインド人が来ることができるか言うのは難しいです。 最小必要条件を満たす必要があります。」と関係者は語った。 現在、ベトナムは、日本でSSWシステムの下で働く国民が最も多い彼は付け加えた。

「… Narendra Modi首相はこのMoCを迅速に運営するために最優先を置きました。 また、菅総理(義久に)が国務長官を務めたとき、日本の熟練労働市場のニーズを解決するためのSSWのプログラムの原動力の一人というニュースも聞きました。 このMoCの早期運営に両国は、私たちの強みを相乗にして、相互利益になる結果を得ることができます。」とShringlaは調印式で言いました。

5年滞在可能

調印式でSatokiはまたMoCがインド国民が日本で就職することができる新たな機会を開くと述べた。

MoCは、日本とインド政府との間のフレームワークを設定して、SSWで日本に来てインド国民を保護し、SSWシステムの円滑な実施を促進するための情報の共有と問題解決を可能にすると述べた。

「外国人がSSWの資格を取得すると、最大5年まで日本に滞在して働くことができます。 外国人は、基本的な語学力はもちろん、ある程度の専門知識と技術を備えなければならなので関連試験に合格した者のみ資格が与えられます。 これにより、両国政府は、協議をする」と付け加えた。

日本はすでに2017年10月からインドと一緒にトレーニングと技術開発のために「技術インターン訓練プログラム(TITP)」という制度を運営しています。 関係者は、「特定のレベルのTITPを履修した人は、専門性試験や日本語試験を受けなくても、SSWの資格に切り替えることができる」と述べた。

READ  日本、2030年までにAIとIoTエンジニア27万人不足

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close