世界

インドは世界中のコロナ死亡者数を開示するWHOの努力を遅らせています。

世界保健機関(WHO)がコロナウイルス感染症による世界中の死亡者数を計算するための野心的な努力によれば、以前に考えたよりもはるかに多くの人々が死亡しました。 国別に個別に報告されます。

しかし、世界中の専門家が1年以上研究および分析した結果であり、現在まで感染症の致死率に関する最も包括的な調査結果である驚くべき推定値の発表は、インドの反対のため数ヶ月間延期されています。 どのように多くの市民が死亡したかについての計算に異議を申し立て、開示されないように努めました。

追加死亡者900万人のうち3分の1以上がインドで発生したと推定され、ナレンドラ・モディ首相政府は約520,000人と集計しました。 情報開示権限のない数字に精通した人々によると、WHOは、インドの被害が少なくとも400万人に達すると見られ、インドが世界で最も高い数値を記録することになると述べた。 The Timesは他の国の推定値を知ることができませんでした。

WHO計算は、報告された死亡に関する国家データを地域および世帯調査から得られた新しい情報と組み合わせ、逃した死を説明することを目的とした統計モデルと組み合わせました。 新しいグローバル推定値の差異の大部分は、以前に計算されなかった死者を示し、その大部分がコビッドで直接発生した。 新しい数字には、感染症のために他の病気の治療を受けることができない人などの間接死が含まれます。

世界中のデータは、ファンデミックがどのように進行し、将来的に同様の危機を軽減する可能性があるかを理解するために不可欠であるため、数値発表が遅れることが重要です。 これは通常、静かでない健康統計の世界に混乱をもたらしました。 インドの協力拒否に刺激を受け、健康データを収集する世界機関である国連統計委員会(United Nations Statistical Commission)で無謀な言語で隠された不和が起こっています。

「グローバル会計と死者に対する道徳的義務のためにも重要ですが、実際には非常に重要です。 フォローアップがある場合は、ワクチン接種キャンペーンが有効かどうかを知るためには、死亡者数を正確に理解することが重要です。 「そしてそれは責任感のために重要です。」

大流行の影響の真の測定を試みるために、WHOは人口統計学者、公衆衛生の専門家、統計学者、データ科学者を含む専門家の集団を集めました。 知られているように、技術顧問グループは、ファンデミック死者の最も完全な説明を組み込むために、いくつかの国で協力しています。

The Timesは、データに精通している10人以上の人々と話しました。 WHOは1月に数値を公開する計画だったが、発表は続けられている。 後ろに押された

最近、この団体の何人かのメンバーがWHOが数値を公開しなければ専門家が直接公開すると警告したと、この問題に精通した3人の消息筋が伝えた。

アムナスマイルベゴビーチWHOスポークスマンは「4月に発表することを目指している」と話した。

計算を主導しているWHOのデータ、分析および影響伝達副局長であるSamira Asma博士は、データ公開が「少し遅れている」が「確かにしたかったから」と述べました。 みんなが相談する」

インドはWHOの方法論に欠陥があると主張する。 インド政府は去る2月、国連統計委員会に送った声明で「インドはその過程が協力的でも適切でもないと感じる」と話した。 また、その過程が「世界保健機関(WHO)の位相を持った組織で期待する科学的厳格さと合理的な調査を受けていない」と主張しました。

ニューデリーの保健省はコメントの要求に答えなかった。

インドだけがファンデミック死者の数を過小計算したわけではありません。 新しいWHO図は、インドネシアやエジプトなど、人口の多い他の国の過小計算も反映しています。

アスマ博士は、多くの国が感染症の影響を正確に計算するのに苦労していると述べた。 彼女は先進国でも「中を覗くと難しいことだと思う」と話した。 感染症が始まると、米国の多くの州で死亡者を報告する速度に大きなギャップがあり、一部はまだファックスでデータを収集していると彼女は言いました。

インドは、WHOデータ分析をレビューするために大規模なチームを連れてきて、機関はモデルができるだけ透明であることを望んでいたので、WHOデータ分析をレビューすることを嬉しく思います。

予防接種のためのインドの仕事は世界中の専門家から賛辞を受けましたが、コロナウイルスに対するインドの公衆衛生への対応は過信で批判されました。 モディさん 自慢 2021年1月、インドは「大災害から人類を救った」と発表しました。 数ヶ月後、彼の保健大臣は国家 「コロナ19の終結に」。 おつまみを引き起こす 間違い そして エリート機関内で批判的な声を沈黙させようとする管理の試み。

インドの科学は ますます政治化 ファンデミック期間中。 去る2月、インドの保健長官はジャーナルに載せた研究を批判した。 科学 国家のコロナ死亡者数は公式数値より6~7倍多いと推定した。 3月に 政府が尋ねた で発表された研究の方法論 ザ・ランセット インドの死者を400万人と推定しました。

データを見直すために、WHOと協力しているミシガン大学の生物統計学教授であるブラマル・ムケルジは「個人的に私はいつも科学が科学で反応しなければならないと感じた」と話した。 「厳格な科学による代替推定値がある場合は、それを計算する必要があります。 あなたは「私はそれを受け入れない」と言うことはできません。」

インドは過去2年間に総死亡率データをWHOに提出していませんが、組織の研究者はアンドラ・プラデシュ、チャティスガル、カルナタカを含む少なくとも12週間で収集された数値を使用しており、専門家はこの数値が少なくとも4〜5倍多い言います。 コロナ19による死者。

推定に使用されるモデルを構築する上で重要な役割を果たしたワシントン大学の統計および生物統計学の教授であるJon Wakefieldは、WHOグローバルデータの初期発表が12月に準備されたと述べました。

「しかし、インドはその見積もりに満足していませんでした。 その後、その後、あらゆる種類の感度分析を行いました。 この大気のおかげで、論文は実際にはるかに良かった。 なぜなら、私たちはモデル検査の観点から過度に過ぎて、利用可能なデータが与えられたら、できるだけ多く行ったからです。

数字は、統計学者と研究者が「超過死亡率」と呼ぶことを示します。 発生したすべての死と正常な状況で発生すると予想される死との差です。 WHOの計算には、コビドによる直接死亡、コビドによる複雑な状態による人の死、コビドにかかっていないが感染症のために治療を必要とする人の死が含まれる。 この計算はまた、交通事故による死亡など、コロナウイルス制限のために発生しなかった予想死を考慮します。

世界中で超過死を計算するのは複雑な作業です。 一部の国では、死亡率のデータを厳密に追跡し、WHOに即座に提供しました。 他の国ではいくつかのデータしか提供しておらず、代理店は絵を完成させるためにモデリングを使用する必要がありました。 そして、死亡データを収集せずに統計学者が完全にモデリングに頼らなければならないサハラ砂漠以南アフリカのほぼすべての国を含む多くの国があります。

WHOのAsma博士は、アフリカで10人中9人が死亡し、世界中で10人中6人が登録されておらず、世界中の国の半数以上が正確な死亡原因を収集していないと指摘しました。 彼女はこの種の分析のための出発点すら「推測」に過ぎないことを意味する。 「私たちはそれについて謙虚でなければならず、私たちが知らないことを知らないと言わなければなりません。」

死亡データが部分的または全くない国の死亡率の推定値を生成するために、諮問グループの専門家は統計モデルを使用し、収容措置、過去の病気の割合、温度および人口統計などの国別情報に基づいて国家数値を収集し、予測しました。 そこから地域とグローバル見積もり。

インドに加えて、データが不確実な他の大きな国があります。

ロシアの保健省は、2021年末までに30万人のコビッド死者を報告し、これは政府がWHOに提供した数値です。 これはWHOドラフトのものと同様であることが分かった。 ロシアはその数値に反対したが、データ公開を遅延させる努力はしなかったと、この団体の会員たちは言った。

ファンデミックが始まった中国は死亡率データを公に公開しておらず、一部の専門家は特に発症初期に死亡者が少なく報告されることについて疑問を提起しました。 中国は公式にウイルスによる死亡者が5,000人未満であると報告しました。

中国は実際にはほとんどの国よりもケース数をはるかに低いレベルに保ちましたが、部分的には世界で最も厳しいロックで行われました。 これは公衆衛生に独自の影響を与えました。 の一つ いくつかの研究 政府の研究者グループによって行われた内部データを使用して中国の過剰死亡率を調査するために、2ヶ月間の収容期間中に武漢で心臓病と糖尿病による死亡者が急増したことが判明しました。 研究者たちは、このような増加が病院で助けを求めていないか、または気にしないためである可能性が最も高いと述べた。 彼らは、武漢の総死亡率が2020年の第1四半期に予想されたものより約50%高いと結論しました。

報告を遅らせようとするインドの努力は、感染症データがモディ政府に敏感な問題であることを明らかにします。 データをレビューするために、WHOと協力しているニューデリーのAll India Institute of Medical Sciencesの地域医学教授、Anand Krishnanは、「これは珍しいステップです」と述べました。 「過去にいつやったのか覚えていません。」

世界の死亡率データセットを構築し維持しており、数値についてWHOと協力してきたイスラエルの経済学者アリエル・カリンスキーは、政府が高い超死亡率を示したときに政府に挑戦していると述べた。 「私は、権力を持つ人々がこれらの結果を恐れることは非常に合理的だと思います」

ヴィヴィアン王 報告に貢献しました。

READ  AP、ベトナム記者の長い週末は9週間閉鎖されます。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close