経済

インドは平均ではなく5番目に大きな経済国になりました:FM Nirmala Sitharaman

ニルマラ・シタラマン(Nirmala Sitharaman)財務長官は、10年ぶりに11位から5番目に経済大国となったインドは「貧弱な成就」ではなく、インド国民はこれを認めなければならないと述べた。 IMFの予測によると、インドはイギリスを抜いて世界5位の経済大国となり、現在アメリカ、中国、日本、ドイツに続いている。 10年前、インドは経済大国の11位、英国は5位でした。

Sitharamanは「BusinessLine Change Maker Awards」で講演し、「それは卑劣な成果ではありません…それに対する功労を認めなければならないのはインド国民です」と話しました。

財務大臣はまた、この10年間でCOVID-ファンデミックが発生し、すべてが中断されたと述べました。

彼女はファンデミック以来、回復の形について常に疑問点がありますが、「実際には、回復はまだ私たちを大規模な経済の中で最も急速に成長する経済に保っているということです」と語った。

シタラマンはまた、国家の達成に対して否定的で冷笑的であってはならないと強調した。

「だから私はこの機会に私たち全員がしばらく止まる時間を持つことができるようにします。私たちが祖国に何をしているのかを考えてください。今は私たち全員が肯定的であることを望む時です」と彼女は言いました。

大臣はまた、インドがデジタル決済および予防接種の分野で達成した成果を強調した。

Sitharamanは、人気のある統合決済インターフェース(Unified Payments Interface)を介して行われた膨大な量の支払いに言及しながら、UPIは「今は世界がうらやましい」と述べました。

READ  アジアの株式市場は、ほとんどの中国の不動産の懸念に損失拡大

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close