インドは2027年までドイツと日本を追い越すでしょう:2024年のCII年次ビジネスサミットでAmitabh Kant

1 min read

ニューデリー: G20インドシェルパアミタブカント インドは膨大な量の構造改革を断行したため、脆弱5位から上位5位に上がり、去る第3四半期の間に約8.4%成長したと明らかにしました。 「2027年にはドイツと日本を追い越します。 2035年から2040年まで、世界中のGDP成長の30%がインドから出てくるというアナリストの主張は正しいです。」

カントは次の会議で演説していた。 2024年インド産業連盟(CII)ビジネスサミットで「世界化の未来:インド産業のための課題」発表 土曜日に。

Kantは、インド企業は成長を加速するためにグローバル市場に参入し、品質に集中するためにグローバルに考え始めなければならないと強調しました。

「年間10〜11%ずつ成長する12〜13のチャンピオン諸国を建設する必要があるため、政府は州と協力する必要があります。

カントはまた、インドにおける電気自動車(EV)の採用を加速する必要がある緊急のニーズを強調し、政府のイニシアチブと革新における民間セクターの重要な役割を強調しました。

「巨大な混乱が起こっており、私たちの車両の約75%を占める二輪車と三輪車の両方で電気自動車の速度を加速することが重要であり、政府はすでに10,000億ドルを調達するためにRs 57,613 croresを割り当てています。 電気バス。

Kantは「多くの企業が次世代の成長ドライバーになるバッテリー製造をしている」と予測し、インドをバッテリー生産のグローバルハブとして構想しました。

野心的な目標を設定したKantは「従って私たちの目標は2030年までにインドを二輪車、三輪車、バスに関する限り完全な電気自動車にすることです。インドが電気自動車国家になることを保証しなければなりません。」

一方、「競争力のあるインドの未来:インドは統合された貿易と投資政策を持つべきですか?」というテーマでセッションを進めています。 Rajesh Kumar Singh、産業および内部貿易振興部秘書、 2012年に私たちのGDPランキングは11位でした。

「今日、私たちは5位、6階段飛び上がり、今後2~3年以内に3位は避けられない。 私たちは、持続的な成長率に基づいて世界貿易と投資から歴史的シェアを回復できる位置にある」と話した。

READ  日本・台湾、経済安全保障協力を強化することで合意
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours