経済

インドは2050年までに3番目に大きな輸入国となります:英国レポート

ニューデリー :中間層が増加して自由裁量支出が増加するにつれて、インドは2050年までに世界の輸入の5.9%を占めて、中国と米国に次ぐ世界第3位の輸入国になると、新しいレポートが明らかにした。 経済現在、インドは2.8%の輸入シェアで最大の輸入国のうち8位であり、2030年には4位の輸入国になる予定です。

「ほとんどの輸入部門では、米国とEUのシェアは2030年までに減少すると予想されます。 アジアの中産階級の購買力の増加が世界の輸入需要の増加する分け前を説明するためです。 このような変化は、インド太平洋地域のますます豊富になっている人口が多く財とサービスを消費することが予想される食品、旅行、デジタルサービス部門で特に顕著になります。

インドの太平洋地域の急速な成長により、世界経済の中心が数十年の間に東に移動し、貿易のパターンが移動するにつれて、移動しています。 「2019年と2050年の間に全世界の成長の56%が、インド太平洋地域で発生すると予想され、これはEUと北米を合わせ、4分の1と比較されます。 インドの太平洋地域の成長も、時間の経過に応じてバランスを取り戻すことが予想され、(インドが主導する)、南アジアの寄与度が高くなります。」と付け加えました。

全体のイメージを見る

ミント

中国は2030年までに世界最大の経済国になると予想されるため、これらの東への経済移動の主な同人です。 中国は2010年年代半ばにはすでに購買力平価(PPP)の条件(現地価格差を説明する)で、米国を抜いています。 。 しかし貿易とより関連がある市場の為替レートを基準にしたときの変化は、2030年ごろに発生すると予想されます。 「その時点で二国は、世界のGDPの約22%を占めるようになるだろう」と報告書は述べました。

報告書は、インドが2050年までに世界のGDPの6.8%のシェアで中国と米国に次いで世界3位に跳躍すると予想した。 現在、インドは3.3%のシェアで世界経済規模で5位を占めています。 インドのGDPは2030年までにドイツを超え、4番目に大きな経済になると予想されます。

報告書は、「貿易システムで新興経済国の役割は、時間の経過に応じて、世界経済に占める割合が大きくなるだろう」と述べた。

7大新興経済国(中国、インド、ブラジル、ロシア、インドネシア、メキシコ、トルコ)の「E7グループ」は、2050年までに世界の輸入需要のG7の分け前と匹敵するものと予想される。 世界7大金持ち国家であるカナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、イギリス、アメリカはG7グループに属しています。 「今世紀の最初の20年の間に労働生産性の向上(高い生活水準の主な同人)は、G7諸国よりも7つの新興経済国で平均的に3倍速かった。 その結果、世界のGDPのG7の分け前は2000年65%から2020年に46%に落ち「E7」の分け前は11%から28%に高まった。 今後30年の間にE7の労働生産性の伸び率はG7の約2倍の速度で増加すると予想され、2030年代には、E7の経済規模がG7を追い越すことです。 これらの経済力の変化は、新興経済国が世界貿易システムでますます重要な役割をすることを意味するようだ」と付け加えた。

しかし、報告書は、新興経済国が「追撃」する可能性がありますが、中間所得トラップから脱出して債務問題を解決し、コロナ19から回復するために模倣からイノベーションに切り替える必要性を含む主要な課題に直面していると警告しました。

購読 ミントニュースレター

* 有効な電子メールを入力してください

* ニュースレターを購読いただきありがとうございます。

話をお見逃しなく! Mintと接続して情報を取得してください。 今すぐアプリをダウンロードしてください!

READ  2021年の「iPhone 13」は、従来通り、9月に発売か - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close