経済

インドはAtmanirbhar Bharatポリシーを越えなければならし

製造のための生産連携インセンティブ(PLI)の導入と一緒にAtmanirbhar Bharatに対する政府の焦点は、批判と賛辞を呼びました。 批評家は、このを否定結果を招く可能性がある内向的な輸入代替政策に特性化し、支持者たちは、最終的に、インド製造業が正当な場所を取ることができるようなゲームチェンジャーで宣伝しました。 貧困から脱した発展途上国の歴史をちょっと見てみると、両方のない可能性があります。 すべての可能性では、数十年の間に、インドの経済意思決定プロセスを定義した一種の中間ポリシーに終わるでしょう。

歴史的に、ほとんどの先進国は、他の人を犠牲にして、自分自身を豊かにするために、商業主義モデルに従いました。 英国は1700年代と1800年代半ばにかけて高い関税で国内産業を保護しながら、かなりの工業化を達成するまで容赦なく完成品を植民地に輸出しました。 米国はまた、輸入品のための高関税を課して1870年に40%を超える最高値を記録した。 事実、米国の輸入障壁は、第1次世界大戦が終わるまで崩れなかったし、これは米国経済に多大な黒字を創出しました。 フランス共和国 – 英国同盟戦争材料の主要なサプライヤーです。 1930年代のアメリカ経済が不況に陥るにより関税が再び引き上げました。 英国と米国は、国内産業を保護し、産業能力を構築し、技術を吸収する方針に従ったが、その後全世界に市場を開放しました。

アジアで産業化を達成したほとんどの国は、同じポリシーを使用していました。 日本がこのような戦略を開拓し、韓国と中国が続いた。 歴史の中で得られたこれらの教訓を考えると、インドが少数の製品についてPLIを中心としたAtmanirbhar戦略を配布して、貧困から抜け出すことができると考えるのはナイーブと楽観的です。 Arvind Panagariyaが指摘したように、インドは、大規模な国内市場、よく発達した金融機関と競争力のある民間部門を保有しているが、ほとんどのインド人は国内消費に起因する成長を制限する低賃金の活動に参加しています。 インド経済は、これらの中間の成長率から抜け出すことができる唯一の方法は、輸出ベース成長動力を見つけることです。

確かに多くの人々は、インドはすでにそのバスを逃したと主張し、ニューデリーは、世界貿易機関(WTO)の初期署名国では、配置することができる輸出促進措置の範囲を厳しく制限しています。 この主張には利点があります。 日本は1955年に関税及び貿易に関する一般協定(GATT)に登録したが、数十年の間に経済へのアクセスを自由化するために足を踏み出しました。 同様に、中国は経済自由化以降、恥ずかしくないように輸出を奨励し、国内生産が大幅に産業能力を確保した後、2001年になってようやくWTOに加盟しました。 それにもかかわらず、多くの論評家によると、中国は輸出業者に不当な優位性を与えるためにWTOのルールを続け違反しています。 これに比べて、インドは、1948年にGATTに登録して、1995年にWTOに加盟しました。 したがって、インドは輸出インセンティブに制約を受けており、日本や中国の経済的事例をたどることができません。

しかし、インドはまだ輸出を促進するいくつかの手段を持っています。 国が全世界的に重量を下回る一つの理由は、輸出促進のための政策立案者たちのアプローチは、戦略的ではなく、戦術的であるという事実です。 インドの輸出促進は産業能力の創出への小さな影響を与える関税及び免除を扱い、これは輸出競争力を主導することです。

政府は、戦略的な計画を立てなければします。 インドが比較優位を持っているか、取得することができる部門を特定することから開始します。 この作業が完了すると、大幅な成長の範囲の労働集約的部門と高付加価値部門の両方に優先順位をおいてください。 輸出志向ユニット、研究開発センター、人材のための技術開発機関、物流サポート、技術アクセシビリティとマーケティングサポートの規制負担の減少のような非財務的措置を自由に使用します。 加速減価償却のメリットと信用のサポートなどの財政措置も策定する必要があります。

第二に、政府は、インドの商品を全世界で販売するための統合機構を作成します。 現在これは、統一されたビジョンやシナジーなく無数の輸出振興協議会、産業団体と商工会議所で行われています。 この機関は、国務総理室に直接報告する必要があり明示的部門別輸出目標を指定する必要があります。

第三に、Marianna BellocとMichele Di Maioの「発展途上国の輸出促進のための成功戦略と実践に関する文献調査」によると、輸出の成功の最も重要な原動力は、政府省庁と民間輸出業者との間の緊密な協力です。 政府は、すべての部門の連絡担当官に輸出が直面する問題を解決するための任務を割り当てる必要があります。 また、輸出を担当する行政部門と部署の定量的輸出目標を指定して、毎年検討しなければならない。

要するに、自給自足は賞賛に値する目標であるが、強力な輸出戦略で武装した世界に直面していなくては、インドの開発目標を達成することができません。

Diva JainはArrjavvの取締役であり、行動の金融と経済学について研究し文章を書く」ファクリュルガ」です。 彼女のTwitterのハンドルは、@ DivaJain2です。

購読 ミントニュースレター

* 有効な電子メールを入力してください

* ニュースレターを購読いただきありがとうございます。

READ  中国は尖閣諸島が日本の抗議にもかかわらず、侵入を正当化すると主張

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close