スポーツ

インドグレコローマンレスリング選手がアジアCh’ship開幕戦銅メダル3個獲得

アジアのレスリング選手権でインドの記憶に残る日、Sunil Kumarを含む5人のグレコローマ選手のうち3人が火曜日の場所で銅メダルを獲得しました。

先日が2020年大会で87kg級タイトルを占めたのに続き、アジア選手権大会でポジウムに上がったのは今回が2番目だ。

23歳のこの選手は、モンゴルのBatbayar Lutbayarとの銅メダル決定前の初めに膨大な5-0リードを始め、最終的に技術的優位に勝った。

これは、彼がウズベキスタンのJalgasbay Berdimuratovに技術的優位で準決勝で敗れた後でした。 日本の住政を5-3で破って出発した。

55kgのコンテストでは、Arjun Halakurkiは銅メダルプレイオフでDavaabandi Munkh Erdeneを10-7に破った。 彼は8位でカザフスタンのAmangali Bekbolatovに敗れた。

Arjunはまた、2020年の大会で銅メダルを獲得しました。

63kgで、NeerajはUzbekistanのIslomjon Bakhramov 7-4を押してポディウム決勝に進出しました。

彼はキルギスタンの最後のチャンピオンTynar Sharshenbekovに8強戦を敗北させた後、プレーオフに入った。

しかし、Sajan Bhanwalは77kgのセクターで日本のKodai Sakurabaに圧倒され、銅メダルを逃した。

プレム・クマールは、イランのアミール・モハマダリ・ガセミモンジャジに130kgの最初の予選戦で0-5に敗れた後、ひざまずいた。

READ  渋野大きな拍手池ポチャ...グリーン分離...パー4で8打 - 米女子プロゴルフ:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close