スポーツ

インドサッカーの主な問題はリーグ構造です:Kushal Das

全インドサッカー連盟(AIFF)事務総長クシャル・ダス(Kushal Das)は、金曜日のインドサッカーの主な問題は堅固なリーグ構造の不在だと述べた。

インドの男性サッカーリーグシステムは、インドの女性リーグ(IWL)に加えて、3つのディビジョン(インドスーパーリーグ、Iリーグ、Iリーグ2nd Division)で構成されています。

現在FIFAチャート106位を走っている男性代表チームはAFCアジアカップ2回連続本選進出を狙っており、6月D組に編成されたアフガニスタン(150回)、カンボジア(171回)、香港(147回)と共にグループ別予選を打つ。 。

「…人気のあるスポーツで、プレイが簡単ですが、まだインドは正しい場所とは離れています。これは非常に妥当な質問です。 インドのサッカーの最大の問題はリーグの構造だと思います。

インドは2007年にIリーグを始めましたが、日本や韓国などの国ははるかに以前に始まり、Dasもインドがその面で遅れていることを認めました。

「1970年代にはインドが日本に勝ち、60年代にはインドが韓国に勝ち、アジアカップ優勝を獲得したが、それ以降は負けました。 その理由はとても簡単です。 日本は1980年代にリーグとナショナルリーグを始め、韓国は同時にスタートしました。 インドは事実、2007年にナショナルリーグを始めたIリーグなので、20年も遅れている。

「良い監督の下で1年に6〜8ヶ月着実に走り、6-8に向かうときに適切なリーグ構造、つまりホーム&アウェイで最小限の試合をプレーする以外に他の選択肢はない。 月、それが欠けている構造です。」とAIFFの関係者は説明しました。

彼はまた、インドのスーパーリーグの期間も増やすべきだと述べた。

ISLは現在国のトップリーグになり、Iリーグは階層から押し出されました。

「私たちはその構造をその場に置こうと努めています。 現在起こっているISLがあります。 もちろん、ISLの期間を増やす必要があります。 うまくいけば、来年はサッカーが6〜8ヶ月間すべてのレベルで進行する構造を持つことになります。

「シニアレベルだけでなく、U13、U15、U18の男子生徒と女子生徒がいなければならず、それが私たちが確立しなければならないものであり、そうなることを願っています」とDasは承認しました。

READ  真弓明信氏がライブ解説! 阪神が勝率5割復帰/詳細 - プロ野球ライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close