世界

インドネシア、座礁した難民船を返した後受け入れ

インドネシアの漁師と海軍管理者は、政府が座礁した船舶を返すための以前の決定を回復した後、木曜日に100人以上のロヒンヤ難民を燃やした漏洩船を海岸に牽引しました。

逆転はよいニュースのよいニュースだった。 ほとんど無国籍少数民族 メンバーは長年にわたりミャンマーの迫害とバングラデシュの貧困を避けて脱出してきました。 何百人もの他のロヒンヤ族が同様の旅行をしようと命を失いました。

漁師は日曜日にスマトラ島の北西端にあるアチェ地方の海岸でこの船を発見しました。 人権団体は後に120人が座礁し、ほとんどが女性と子供だと言いました。

地元の漁師であり、コミュニティのリーダーであるBadruddin Yunusは、インタビューで「エンジンが爆発し、ボートが漏れ、強い風と大きな波がありました」と語った。 「もう一つの問題は、船にあまりにも多くの子供がいることです」。

アチェの管理者は火曜日にボートの修理を支援し、乗客に食べ物や薬を提供すると言ったが、陸に行くことは許可されないと述べた。 海軍関係者Dian Suryansyahは「ロヒンヤ族はインドネシアの市民ではなく難民として受け入れられない」と話した。 ロイター通信に語った。 「政府の政策に従うことです」

人権団体は、政府に、国際難民条約と船舶がインドネシア海域に沈む危険にさらされた難民を救助することを要求する国内規則に従うことを促し、反発しました。 国連難民機関は、インドネシアに船舶が直ちに停泊できるよう要請したと明らかにした。

水曜日、中央政府の管理者は、ボートが最終的に停泊できるようになると述べました。

難民は金曜日の真夜中直後に降りることができたと関係者はAPに語った。 海軍スポークスマンLa Ode M. Holibは、悪天候と強い波が救助​​を遅らせたとAPに語った。

武装した慰慶屋政府難民対策班局長は木曜日の電話で「人類の名前で」政策変更がなされたと話した。

彼は「今回の決定は船に乗った難民たちが経験する緊急事態を考慮したもの」とし「マレーシアに行こうとしていた中、船が故障したときに難民になったもの」と付け加えた。

しかし、インドネシアの慈善団体であるグルタニエ財団のレザ・マウラナは、政府が擁護団体の圧力のために悔しいだけだと信じると述べた。 続いて「政府は最初からこの事実を知っていたが何の措置を取らなかった」と付け加えた。

何千人ものローヒン族が最近、数年間、アンダマン海を横切って危険な旅行をしようとしました。 2017年以降、ロヒンヤ族の3/4以上が脱出して以来、人々の流れが急増しました。 人種清掃運動 ミャンマーで。

最近、多くのロヒンヤ族がバングラデシュから出発しています。 窮屈で貧しい収容所で生活する 地すべりと火災で被害を受け、人身売買と家庭暴力が蔓延した所。

彼らの目的地はしばしば未登録労働者として働くことができるマレーシアです。 それらの多くは、海を通してインドネシアに到着した後、そこに旅行します。

しかし、東南アジア政府の管理と海軍は、長年にわたり、いくつかのロヒンヤ難民船が陸地に来ることを防いできました。 さらに最近、彼らはコビッド関連の国境制限を引用しました。

多くの場合、ロヒンヤを積んだ船 広い海に漂流する 陸から追い出された後。 昨年、バングラデシュの海岸警備員はそのような船のふりを救い、何百人もの栄養失調と脱水された人々が人身売買犯によって船に閉じ込められていることを発見しました。

国連難民機関(UNHCR)は最近、2020年1月から今年7月まで、ロヒンヤ族に関連する6件の致命的な航海として知られる合計220人の死者を記録したと明らかにした。 そのうち3回はインドネシアで、2回はバングラデシュで、1回はマレーシアで終わりました。

エージェンシー レポートで言った 難民がパノラマの海でリンボでより長い時間を過ごしているため、そのような旅行による死亡の有病率が増加しているということです。 彼らの船舶は、装備が正しく装備されておらず、必須物品が正しく装備されておらず、乗客を虐待する密輸業者が乗っている傾向があると当局は伝えた。

アチェの漁師は、ロヒンヤ族を歓迎した東南アジアの数少ない人々の一つです。

約100人の難民を乗せた古いトロール漁船が6月にこの地域に上陸し、数ヶ月後、ほぼ7ヶ月間、海にいたほぼ300人を乗せたより大きなトロル漁船がこの地域に上陸しました。 国際アムネスティはインドネシアの管理ではなく、地元の漁師に不満を表明した。 2回目の船を救った

当時、このグループのインドネシア専務理事であるUsman Hamidは、「個人ではなく、政府がこの命を救わなければならなかった」と話しました。

木曜日に政府の難民タスクフォースのMr。 Wijayaは、救助されたボートの乗客は健康診断を受け、海軍が安全にアチェに引き継いだ後、避難所に配置されると述べました。

彼は「第三国に行く場合、国連難民機関に任せるだろう」と付け加えた。 「すぐになりたい」

READ  最高のラウンジチェアを購入するためのヒント-完全ガイド

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close