経済

インドネシア、石炭流通問題、輸出禁止について業界と協議

国際バイヤーは、インドネシア当局と地元の石炭産業との議論を綿密に監視しています。

インドネシアジャカルタ – インドネシア政府が国内発電所に石炭を供給する努力を遅らせる物流問題を解決するために、当局が議論するにつれて、まだ石炭輸出禁止解除の決定に達していないと鉱山グループ役員が日曜日に語った。

インドネシア国営電力会社が燃料在庫水準が危険なほど低いと報告した後、世界最大の火力石炭輸出業者が1月1日石炭輸出を中断し、東南アジア最大の経済を広範な停電危機に瀕させました。

この動きにより、国際バイヤーは、インドネシア当局と地元の石炭産業との緊密な議論を監視しながら、先週の燃料の国際価格が上昇しました。 エネルギー省関係者は1月5日水曜日以降、禁止令を見直すことを約束した。

インドネシア海洋投資部調整部は、日曜日の鉱夫やその他の関連産業と再会したが、輸出再開に関してはまだ決定を下していないとインドネシア石炭鉱業協会のHendra Sinadia専務理事が述べた。

「議論された問題の1つは、石炭を発電所に輸送する船舶の限られた利用可能性でした」と彼は言いました。

Luhut Pandjaitanの上級大臣は、地域発電所の石炭供給の緊急事態は終わったが、政府は依然としてこの分野の政策を議論し続けなければならないと述べた。

ルフット長官のスポークスマンは、1月10日月曜日に議論が再開されると述べた。

先週、ジャカルタ駐在日本大使館はインドネシアエネルギー省に高熱量石炭を現地発電所で使用しないため、輸出禁止対象から除き、すでに石炭を積んだ5隻の船舶が日本に出港できるように許可を要請した。

与韓区産業通商資源部長官は7日、インドネシア代表と画像通話を行い「インドネシア石炭輸出禁止に懸念を表し、迅速な石炭輸出再開のためにインドネシア政府に協力を強く要請した」と明らかにした。 通信会社が報じた。

Kplerの船舶追跡データによると、日本と韓国はインドネシアの石炭の主要な目的地の1つであり、中国、インドと共に2021年の輸出の73%を占めました。 – Rappler.com

READ  ANA、日本企業で初めて現場の予防接種を開始

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close