世界

インドネシア海域で発見された中国の水中グライダー「Haiyi」:国防アナリスト

インドネシア南スラウェシ州のセラーヤール制度の一部です。 現地の漁師2020年12月セラヤール島で「ミサイルのような “グライダーを発見したことが分かった。

Javed Hazara | iStock | ゲッティイメージズ

シンガポール – 先月、インドネシアの主権の海域深く回収された水中監視ドローンが中国に由来したことが明らかになったと国防分析会社Janesが明らかにした。

ジェインスの無人システムアナリストであるケルビン・ウォン(Kelvin Wong)は、日曜日のノートで翼を持つ「ミサイルのような “物体は、中国製の自律型海中グライダーHaiyiまたは「海の翼」で確認されたと発表した。

現地の漁師、インドネシア南スラウェシ州のセラーヤール島でグライダーを発見した後、インドネシアの海軍に渡したします。 これは、2年以内に、インドネシアの海域で発見された第三のと同じ水中グライダーです。

ドローンが元のどこでどのように配置されたはわかりませんが発見された場所は「国際水路と接続されておらず、中国での隣接海上主張とは非常に遠く離れています」と分析していくました。

Wongは2020年にこのようなグライダーを使用した、インドネシア海域や周辺地域の知られている、中国の科学調査がありませんでした。 2019年12月の最後の既知の操作に使用された水中ドローンがすべて正常に回復されたと彼は言った。

軍用

READ  ライバルが詐欺を主張しながらアルメニアのPM、スナップ選挙の勝利| アルメニア

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close