インド亜なんて項、イラン・パキスタン・アフガニスタンコンテナ取り扱い中止

Estimated read time 1 min read

バンガロール(ロイター) – インド最大の港湾運営会社であるAdani Ports and Special Economic Zoneは月曜日、11月15日からターミナルがイラン、パキスタン、アフガニスタンのコンテナ貨物の輸出入をこれ以上処理しないことを発表しました。

Adani Groupの系列会社であるAdani Portsは声明で「この取引推薦は追って通知があるまで(Adani Ports)が運営するすべての端末とすべての(会社)港の第3者端末に適用されます」と言いました。

会社は措置の理由を明らかにしなかった。 Adani Groupの広報担当者は、他の詳細は明らかにしないまま、「港湾の関係者にこれを発行しました。」と言いました。

この決定は、インドの管理がAdani Portsが運営する西グジャラートのMundra Portから約2000億ルピー(26億5000万ドル)相当のアフガニスタン山ヘロイン約3トンを押収してから数週間後に出てきたことです。

押収についてAdani Portsは港オペレータがコンテナを検査することができません。当社は、港のターミナルを通過する「コンテナまたは数百万トンの貨物に対する警察の権限がない」と言いました。

($ 1 = 75.4030インドルピー)

(バンガロールのAnuron Kumar Mitra見て、Arun Koyyur編集)

READ  戦いの間にウクライナの兵士は回復する場所があります
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours