インド太平洋安全保障次官補訪問>米国防総省>リリース

1 min read

インド太平洋安全保障担当次官補Ely Ratner博士が3月11日から12日まで東京を訪問します。 訪問期間中、Ratner次官補と国務省東アジア太平洋次官補Daniel J. Kritenbrinkは、外務省ICHIKAWA Keiichi事務総長と2+2セキュリティ分科委員会(SSC)の共同議長になります。 防衛省増田和夫事務総長。

国防部と国務長官が共同駐在する安保協議会議(SCC)会議に続き、次官報は日本側と日米同盟現代化及び共同力量強化のための努力について議論する予定だ。

ラトナー博士は、日本の安全保障に対する米国の約束を再確認し、ロシアがウクライナに対する残酷な戦争に責任を持たせるように、合同努力に参加する予定です。 彼はまた、米国、日本、韓国間の両者と三者の協力の重要性と、インド太平洋地域の平和と安全保障の基礎として、日米同盟の役割を強調します。

READ  日本の信任防衛賞は、中国の侵略の中で国家の防衛態勢を改善しようとする
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours