インド女子チーム、ウーバーカップ8強書日本で0-3敗北

Estimated read time 1 min read

成都(中国):Ashmita Chalihaは、若くて経験の浅いインドの女性チームが木曜日に開催されたUber Cupバドミントントーナメント8強戦で強力な日本に0-3で敗北する前に勇敢な戦いを行いました。
インドはPVシンドゥーなど強チームを逃したにもかかわらず、グループ別でカナダ、シンガポールを相手に2度も優勢な勝利を収め、トーナメント進出資格を得たが、最終リーグ競技で江湖中国に0-5で敗れたのは現実点検だった。

木曜日のインドは、チャリハとイシャラニ・バラアが絶食の試合で良い成績を収め、何度も勝った日本と激しい試合を繰り広げた。

世界No. 53 Chalihaは67分間の試合で世界No。 11 Aya Ohoriは、10-21、22-20、15-21でギリギリに敗れている間、上位選手をいじめる能力があることをもう一度示しました。

83位の20歳のイシャラニも1次戦と2次戦で14勝11敗、9勝7敗で後、2017年世界選手権大会で15勝21敗12勝21敗で敗れた。 1 奥原のぞみ。

その間、国内チャンピオンのプリヤ・コンゼンバムとシュルティ・ミスラは、世界4位の松山奈美(Nami Matsuyama)と志田千春に8-21 9-21で敗れて最高レベルで成功するために何が必要かを垣間見ることができました。

開幕戦は左手投手2人の対決でチャーリーハが勝負を練り、激しい接戦を行った。

開幕戦で敗れたチャーリーは大濠を相手に攻撃を続け、4-4から18-18まで続けて相手の後ろを追うなど素敵な復帰戦を繰り広げました。 チャーリーハがバックラインで判断ミスを犯してマッチポイントを出したが、跳躍スマッシュで防いだ後、大濠がゴールを打つとゲームポイントを取った。 Ohoriのバックハンドコーナーでのもう一つの正確なリターンは、チャリハが試合で生き残るのを助けました。

デサイダーでは、Chalihaは8-3リードを開いて完全な流れを示しましたが、Ohoriは正確な角度の戻りでポイントを設定し、9-9に戻り、自分の目標を見つけ始めました。

インド人は休憩時に二点次リードを取ったが、大濠が12-12に直ちに逆転勝ち、15-13リードに移動しながら圧迫感に勝てなかった。

その後、チャリハがフォハンドスマッシュでミスをしたときに67分の試合を終える前に、彼女が5つのマッチポイントを獲得したのは大濠のショーでした。

「最初の試合は良かったかもしれませんが、コート条件が私と合わなかった。 11ポイントを獲得しましたが、愚かな間違いを犯しました。」とCalihaは言いました。

「2回目の試合ではバックハンドでよく打ちました。私のような左利きなので最初は混乱しました。攻撃でスコアがより多く出てきました。 良い経験でした」

インドは1957年、2014年、2016年の3回ウーバーカップ準決勝に進出した。 ディフェンディングチャンピオンのインドの男性チームはこの日午後、トーマスカップ8強で中国と対戦する。

READ  [ODDS and EVENS] 馬場結衣が日本代表チームで大きな役割を受け入れる
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours