インド系アメリカ人スターTheegalaは日本と恋に落ちたが、ゴルフのためにインドに行きたい。

1 min read

東京: 昨シーズン新人王2021-22シーズンに一連の優れた活躍でPGAツアーを強打したインド系アメリカ人サヒス・シガラ(Sahith Theegala)が新たな挑戦を準備する。 彼は両親が生まれ育ったインドに近い日本で初出演をする。

いつも新しいものに熱狂するイガラは「本当にすごいです。私は土曜日の朝にヒューストンで飛行機に乗って日曜日に早く到着しました。食べ物と私はすでにあまりにも多くの素晴らしい食べ物を食べました。

今回の大会で日本でプレーしたジョジョチャンピオンシップ(Zozo Championship)について、Pro-Amから直接来たテガラ(Theegala)は「ゴルフコースもすごい。打つような感じがします。グリーンまでも。それでゴルフ場でも快適さを感じます。ZOZOがすごいようです。

イガラは日本でほとんど時間を費やしたことはありませんが、すでに日本を愛しています。 彼は笑って「(日本を)去りたくない。去りたくないので去る日をすでに数えている。人々は偉大だった」

今日本を楽しんでいる中、イガラは両親がハイデラバードで育ったインドについても話した。

インドで行ったことがどういう意味なのか尋ねると、彼は「インドでプレーしたい。率直に言えば、私は私のクラブをインドに持ってきたことがない。持って来ませんでした。大学のいとこ結婚式に行って2週間しか滞在できませんでした。

「私はレンタルセットでゴルフをした。ハイデラバードのゴルコンダフォートの周りで(Hyderabad Golf Association)コースをしたようです。ぜひそこに行って家族にまた会い、ゴルフをしたいです。」

素晴らしいシーズンを過ごした後、彼が期待することについてTheegalaは、「昨年は本当に良い年を過ごしたにもかかわらず、期待はまったくありませんでした。できるだけ健康を維持しようとするだけです。それは短距離レースではなくマラソンです。はい、学び続け、健康を維持しましょう。

一方、メジャー大会2回の優勝者であるコリン森川は、今週アコーディアゴルフの成野カントリークラブで開かれるジョジョチャンピオンシップで優勝するには、自分と他のPGAツアー選手が強い地域的挑戦を克服しなければならないと考える。

1,100万ドル規模のトーナメントが4回目で日本で3回目で開催され、2021年マスターズチャンピオンのHideki Matsuyamaが成功したタイトル防御でホーム観客を応援したいと思います。

世界ランキング9位 森川は78人フィールドで世界ランキング6位であり、東京オリンピック金メダリストであるアメリカのザンダー・ショペレに次いで2番目に高い順位の選手だ。

PGAツアーの定番である松山と小平さとしを除いて、現在JGTOマネーランキングリーダーが率いる15人の強力な地元選手も、Yuto Katsuragawa、Kaito Onishi、Keita Nakajimaなどの新興スターで構成されています。 世界中で1位のアマチュアです。

READ  スペインテニスの巨匠マノロサンタナ83歳で別税
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours