インド経済は「明るい部分」であり、日本とイギリスは技術的不況に陥った。 これがグローバル市場にどういう意味ですか?

Estimated read time 1 min read

日本は内需不振で第2四半期に萎縮した後、意外な景気低迷に陥り、世界最大の経済大国の座をドイツに奪われた。 これはイギリスも昨年末の景気低迷に陥り、総選挙を控えて経済を成長させるという李市首相首相の主張が無産化されて以来出たのです。

一方、世界最大の民主主義国家は、地政学的紛争と経済的逆風にもかかわらず、世界地図上の「明るい地点」に輝いています。 インドは世界で最も急成長している国としての地位を維持しています。 国際通貨基金(IMF)は、最新の世界経済展望アップデートで、インドの経済成長が2024年と2025年ともに6.5%に強勢を維持すると予想したと明らかにした。

また読んでください: IMFは、2024年にインドの強力な成長を予想し、グローバル「連着陸」が可視化されると明らかにした。

しかし、長い間世界経済環境のリーダーとして位置づけられてきた日本とイギリスでは何が起こったのでしょうか。 そして、これが短期的にグローバル市場の立場にどのような影響を与える可能性がありますか? 詳しく見てみましょう。

景気後退とは何ですか?

景気後退は通常、第2四半期の連続景気後退期間として定義されます。 不況は短くは数ヶ月間続くかもしれませんが、経済は長年にわたって以前の最高水準に回復しないかもしれません。 実質国内総生産(GDP)は国の製品とサービスの価値を測定したものです。 年間利率は、四半期ごとの利率が1年間続く場合に何が起こったかを測定します。

通常、失業率は景気回復後も高い状態に保たれることが多いため、反騰の初期段階は多くの人々に続く景気後退のように感じることができる。 内需の弱化、インフレ率の上昇、産業生産量の減少、原油価格の急騰などにより、経済が低迷に陥ります。

イギリスで何が起こりましたか?

英国統計局のデータによると、第4四半期の英国のGDPは0.3%減少し、これは経済学者が予測した0.1%減少よりも大きい数値です。 これは過去3ヶ月間の修正なしで0.1%減少したことによるものだ。

ONSの経済統計担当ディレクターであるLiz McKeownは、2023年第4四半期に、経済のすべての主要部門の生産量が減少したと述べた。 '製造業、建設業、卸売業が成長の最大の障害物であり、ホテルと賃貸住宅の増加によって部分的に相殺されました。 車両と機械」。

首相は昨年の経済成長を5大核心公約の一つに挙げた。 しかし、ONSの数値によると、イギリスは彼の首相就任の最初の年に停滞したことがわかりました。 第4四半期のGDPは1年前より0.2%減少し、2023年の全体成長率は0.1%にとどまった。

この数値は、英乱銀行(BoE)が金利を14年で最高水準に維持することを決定したため、家計が圧迫されていることを示しています。 これは、ローンと住宅ローンのコストがまだ高いことを意味します。 また、2023年第4四半期の英国経済生産量の減少は、ファンデミックが最高潮に達した2021年初め以降、最大の減少幅だ。

また読んでください: 浮上する太陽の国、不況に入りながらドイツが日本を追い越す

日本経済状況

日本内閣府は前四半期に修正された3.3%後退に続き、昨年の最後の3カ月間、年率基準で0.4%減少したと内閣府が明らかにした。

報告書は昨年、日本経済がドル基準で世界4位に落ち、家計と企業とも第3四半期連続支出を減らしたことが分かった。 日本銀行(BoJ)政策委員会は最近、零下の金利政策終了をめぐる議論を強化し、金利引き上げが政策の急激な変化を意味しないことを市場に確信させようと努力しました。

鈴木純一日本財務大臣は、金曜日の中央銀行がマイナス金利政策を終了するかどうか、時期を含む金融政策はBoJが決定すると述べた。

鈴木氏は、多くの投資家が、3月または4月に発生すると予想されるマイナス金利の終了時期に影響を与える可能性があるかどうかを尋ねる質問に、「市場にさまざまな意見があることを知っています」と述べました。

1年中、日本の名目GDPは年末ドル-円為替レートを基準に約4兆1900億ドルに達しました。 ドイツの2023年のGDPは、年末のユーロドルの為替レートに基づいて約4兆5500億ドルに達しています。 IMFによると、インド経済は今後数年以内に日本とドイツを追い越すと予想される。

グローバル市場への影響

日本銀行(BoJ)の潜在的な政策変化への懸念が緩和され、外国人投資家は先週、日本の株式購入を増やしました。 日本取引所の資料によると、外国人は2月9日までの1週間で8,174億3千万円(54億4千万ドル)の国内株式を純買収し、1月12日以降最も多くの週間純買収を記録しました。

彼らは、2週間の連続売上高の終わりに4,510億6千万円のデリバティブ契約を購入し、約3,663億7千万円の現金資産を確保しました。 先週日経指数は2.05%急騰し、1月12日以降最大上昇幅を記録した。

また読んでください: 日本日経指数、34年ぶりに最高値更新、史上最高値近接

金曜日には38,487.24で締め切り、1989年12月に達した史上最高値である38,957.44を潜在的にテストできる位置を占めました。 日本の証券市場は円安で上昇傾向を見せており、日本中央銀行が金利引き上げを惹きつけて円安が下落しています。 何十年ものデフレから抜け出そうとしています。

一方、イギリスは景気後退にもかかわらず、依然として英乱銀行の目標値の2倍に達するインフレに苦しんでいます。 長期的な観点から見ると、英国と日本の株式は大きく異なっていた。 FTSE 100指数は過去12ヶ月間で5.5%下落したが、日経指数は38%上昇した。 これに比べてS&P 500は昨年より21%上昇した。

特典の世界を開きましょう! 洞察力のあるニュースレターからリアルタイムの株式追跡、速報、カスタムニュースフィードまで、すべてがここにあります。 ワンクリックでいいです! 今ログインしてください!

READ  リアルタイムニュースアップデート:インフレが急上昇し、米国の生産者価格が6月に11.3%上昇しました。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours