経済

インフレで愛される114年の日本のキャンディーに終止符を打つ

小宮カンタロ、ダニエル・ロイシンク

東京 – 人気アニメ映画に登場するほど象徴的だった代々食べた愛される日本キャンディーが急騰する原材料やエネルギー価格の犠牲となり、最後を迎えました。

東京に本社を置く Sakumaseika Co は、水曜日に生産コストの上昇、労働力不足、主要製品「Sakuma’s Drops」の販売減少により、1月に閉鎖すると発表した。

赤いスチール缶に入った硬くてカラフルなフルーツドロップがトレードマークであるキャンディの廃止で、日本は哀悼の対象となりました。

お菓子屋さんである直江渡辺(53)は「小学校の時に家に缶がいつもあった」と話した。 114年間コーナーキャンディーショップの必需品。

「時代の痕跡が感じられる。 幼い時と比べると今は選択の幅が広すぎる」と話した。

Sakumaseikaは、何年もの間イチゴ、レモンなど8つの味で構成された製品の価格を引き上げていないと述べた。 多くの日本企業は、顧客を失うことを恐れて、値上げを躊躇したり急増したりする投入コストを完全に伝えています。

Sakumaseikaの従業員100人ほどの未来はまだ不確実だと会社関係者は言いました。 会社はこれ以上の言及を拒否した。

製菓業者佐久間総次郎が1908年に設立した佐久間精華は、第二次世界大戦の空襲を通じてキャンディーを生産し、アニメ大物スタジオジブリが1988年映画「ホタルの「墓(Grave of the Fireflies)」でこのキャンディーを永遠に残せるようにインスピレーションを与えました。

戦争を背景にしたその映画で兄弟と一緒に暮らすために苦労する孤児少女は、家が破壊された後、兄弟姉妹の数少ない所有物の一つであるSakuma’s Dropsの赤い缶を彼女と一緒に運びます。

のため選択

人気の東京ショッピング街のスナックショップのオーナーである松沢宏氏は、Sakuma’s Dropsは主に高齢者の消費者に人気があり、子どもたちは数え切れないほど多くの新製品で選択の余地があると述べました。

伝統的に、子どもたちが学校から家に帰る途中で避難所だったダガシヤスナックショップを運営するテルヨ石黒は、昨年に佐久間ドロップスの携帯を中断したと述べています。 50代以上。

60年以上スナックを販売してきた80歳の人はロイターに「長く存在していた何かが消えるのを見るのはとても悲しいことだ」と話した。

2桁に近い卸売インフレと円安は、多くの食品製造業者の利益を圧迫しました。 去る1月人気のトウモロコシスナックのウマイボーは1979年発売以来初めて価格を引き上げて全国的な見出しを飾った。

水曜日に会社の閉鎖を初めて報告した信用調査会社の東京ショコリサーチによると、Sakamaseikaは2021年度に1億5千万円(100万ドル)以上の純損失を被りました。

それでもファンのためにすべてを失うことはありませんでした。

戦争後、佐久間成川と経営権が分離されて形成されたライバル佐久間製菓(Sakuma Confectionery Co)は、同様の製品を生産し続けます。

佐久間製菓のスポークスマンは、佐久間清華の退出に対して「競争者として残念だ」と話した。 「しかし、おそらく私たちは新しい方法、新製品のラインナップを試みるために一生懸命努力していたでしょう」

($1 = 145.2900円)

READ  大きな悲鳴 "老後2000万円で不足"本当に必要な老後資金の実際の家と貯蓄3000万月20万年金| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close