Tech

イーロン・マスクの「脳とコンピュータを接続するデバイスNeuralink」がまもなく発表します。 その前に知っておくべき| ギズモ・ジャパン

実際に動いているところ見せています、と。

脳とコンピュータを接続するインタフェース技術を開発しているNeuralink(ニューラリンク)。 創業者イーロン・マスク氏が8月28日にいよいよNeuralinkの可動装置を発表するとたくましくしています。

動いているNeuralink装置、ライブWebキャスト

金曜日の午後3時、米国太平洋時間(訳注:日本の時間8月29日午前7時)https://t.co/PouLbrGzFU

脳とコンピュータを直接接続なんてSF自体しかし、この分野の研究は、最近急速に進められています。 しかし、脳に思い浮かべるだけでメールを送信することができとかすことはまだ先の話です。 マスク氏は、これまで作られたSpaceXのTeslaのような開始とは異なり、Neuralinkの開発と実装には、様々な制約があり、そこまで快速で行わない。 とはいえ、理論的にはこのようなことができるようとか、それはどの実現することができる(することができないこと)とか、他にも、同じ働いている人いるんじゃないとか、いろいろ概ね知っているので、この記事でまとめていきますね。

まずNeuralinkとは何だったっけ? を復習

ビデオ: ギズモード・ジャパン/ YouTube

2017年に、マスク氏が発表したNeuralinkは「超広帯域脳 – マシンインターフェース」を通じて「人類とコンピュータを接続している」とされています。人間の脳とコンピュータを脳に挿入チップに接続です。

Neuralinkの脳 – マシンインターフェースは、まず、パーキンソン病やてんかん、うつ病などの脳障害の治療助けを目指します。 また、高度な対応デバイスと組み合わせて装着した人の考えに頼るなどを操作することができるようになるにもなっています。 しかし、マスク氏の究極のビジョンが実現されることがあれば、例えば、体に直接接続されていない機器を念力で移動したり、他人の脳に考えを直接送信したり、認知能力を拡張して、知性と記憶力を高めたり、同じエスパーのようなことができるようになる…ています。 本当に実現場合。

さらに概念で言えば、マスク氏へのNeuralinkはAI(人工知能)による世界の終わりを回避するための手段続いて2017年には、この技術が「AIとの共生“を実現する言ってました。 人間の小さな脳にAIの力をつけて強化するため、人間が進化した技術に追いつくという考えです。 AIに勝つことはもう無理なので、その力を自分にインポートしようとという発想であるが、もし技術的にインポートしてもそのような折石一つと問題残っています。

また、脳に何か埋め、外部システムとの接続というアイデア自体は別に新しいものではない。 SFは、すでに数十年前から、この種の材料が作られていて、ウィリアム・ギブソンの頭蓋骨ジャックやイアン・M・バンクス気レースとか、映画「マトリックス」の脳プラグとか、様々な形で描かれてきました。

そんな文字通り小説や映画の中では、実際に作られていること自体がすごいドキドキしますが、問題は、電気自動車とかロケットとは異なり、脳のコンピュータインターフェース医療機器との評価になります。 つまりNeuralinkも人間に使用する機器の臨床試験や製品化するためには米国食品医薬品局(FDA)とかとか、政府の承認が必要です。

一般的な製薬会社とか医療機器メーカーと同様に、Neuralinkは、その製品の安全性・有効性を立証しなければならず、そのためには詳細かつ時間がかかる臨床試験を行うのが普通です。 Neuralinkの場合、特に万本、健康な人の脳にチップを埋め込もうとしているという意味で、自分の困難があり、十年単位の時間がかかると思われます。 Neuralinkが目標としているものの中で、病気の治療的な部分はごく一部であり、残りは、人間の拡張であるため、その部分もぎこちなくなります。

他の研究プロジェクトも順調に進ん

これらの障害がありながらも、この分野の研究者たちは、すでにSFの世界の実装に向けて大きく進歩してきました。 メディアの注目のほとんどは、マスク氏に集まっていますが、より地味な研究者こそ新しい技術を生み出しており、これまでもその発展の姿を明らかにしています

例えば、2019年コロンビア大学の神経科学者チームが脳波を発火に変換すること成功しており、カリフォルニア大学サンフランシスコのチームは、人間が言ったときに顎や唇と述べた物理的な運動に関連する脳波に注目して脳波をもとに、仮想の声も(声発行機関)を移動シミュレーションを実現しました。 2016年には、手を切断した人が脳移植を介して義手の指を動かすすることができました。考えに制御する外骨格とか、触覚の回復とか、失われた運動機能の回復同じ研究結果も出ています。 より人間の脳の脳から直接通信する実験まだ初期の段階だが、開始します。

動物実験でも良い結果が出ています。 大きなところでは、無線脳 – マシンインターフェースを使用して猿が車椅子を操作または脳インプラントを装着したサル毎分12単語を考えだけでタイプなどがあります。

だからマスク氏のNeuralinkは、その方面から見れば、特に技術革新はなかったです。 ただ、他の人と違う点がある場合は、その規模、資金、Neuralinkが目標とするのはもちろん、イーロン・マスクというカリスマがしているのです。 しかし、この分野は、学界の外でもライバルがあり、Facebookも最近気インターフェースの開始CTRL-labs 5-10億ドル(約530〜1060億ウォン)で引数し、Braintreeの創始者・Bryan Johnson氏は、1億ドル(約105億円)を投資してKernelというプロジェクトを始めた。 そして米軍のDARPAも、この分野で6500万ドル(約69億円)を投資しています。 脳 – マシンインターフェースの分野の競争はますます激しくなっており、Neuralinkが成功するかどうかはまだわかりません。

で、脳移植と、具体的にどのような?

ビデオ: ギズモード・ジャパン/ YouTube

2017年ウォールストリート・ジャーナルによると、Neuralinkシステムは “気レース「(イアンM銀行へのオマージュですね)されている技術を使用しています。これはおそらく、いくつかの脳インプラント(メッシュ状も)を介して脳を外部のコンピュータに接続するということです。

Neuralinkは2019年時点で1億5800万ドル(約160億ウォン)が投入されており、このうち1億ドル(約105億円)は、マスク氏の私財であれば、ニューヨーク・タイムズは伝えています。 従業員は、今90人ほどいて、スタンフォード大学の神経外科医も協力しており、他の研究機関も含まれてくるかもしれません。

Neuralinkは段階的なアプローチをして言っているので、まずは脳疾患で始め、徐々により拡張系列の数まで拡張していきます。 脳から読み取る情報の帯域を広げることは非常に重要だと考えている場合は、ほぼ確実に、脳波検査などの個性、この方法ではなく、脳移植が必要そして、そのためには手術や丈夫で柔軟で生体適合性のある構成要素が必要です。

マスク氏は、2019年、カリフォルニア科学アカデミーでNeuralinkの追加の詳細を発表しました。 Neuralinkのホワイトペーパーに明記された彼らの方法は、外科医が専用ミシンのようなロボットを使用して、非常に細い糸またはプローブを脳に埋めていくことでした。 この糸厚さがわずか4-6マイクロメートルしかなく、厚さ50〜100マイクロメートルの髪の毛よりもはるかに薄いです。

この極細はいくつも含まれてい、それの頭の中のチップに接続されます。 ホワイトペーパーにもあるように、このロボットを使用すると、毎分6本の糸または192個の電極を含めることができます。 Neuralinkは “それぞれ32個の電極を有するポリマー糸96個、合計3,072個の電極の速い含む「も可能になっています。このロボットがあっても、脳の手術医は必要ですが、ニューヨーク・タイムズによると、Neuralink社長・Max Hodak氏は、同じ作業をレーザーでも可能にし、頭部に穴を必要も目標としています。

Neuralinkすでに脳に埋め込んだ1500個の電極からの情報を読み取ることができるシステムを発表したが、それはラットの脳であった。 それでも人間を対象とした同様のシステムよりも15倍の性能なかった。

専門家もまだ知らない

彼らがこんなに早くここまで実現したことはよくどこまで行くことができるか興味深いです “ニューカッスル大学の教授で、神経インタフェースを専門としているAndrew Jackson氏はコメントした。」Neuralink以下とあるのは、大量の脳細胞の電気的活動を読み取ろうとしている多くの努力の一つです。 Neuralinkのアプローチは、ある種のミシンを使用して、柔軟なポリマー糸を、脳に多くの差込み、その糸が皮膚の下に埋め込まれた電気部品に接続することです。 “

Jackson氏は、そのほかにも、シリコンの小さな針を使った他の方法も紹介していました。 Howard Hughes Medical Institute(ハワードヒューズ医学研究所)Naelia Research CampusのTim Harris教授は550万ドル(約5.8億円)に渡って共同プロジェクトで700以上のニューロンを同時に記録することができニューロピクセルは、プローブを作成しました。 小さな無線インプラントを脳全体に配置 “気ほこり」というコンセプトもあります。

「エロン氏が乗った「言葉」が正しかったかどうか時間を経ることしかわからないことです」とJackson氏。「確かなことは、商業資金によって気インターフェースの分野全体が発展する可能性です。 神経科学者たちは、最近まで、脳の記録にはかなり古い機器を使用していました。 だからシリコンバレーでは、これらの関心と資金を与えることは非常にありがたいです。 “

当初の予定ではNeuralinkはすでに人間対象の実験を開始することでしたが、まだされていません。 彼らの計画を立てる際前のめり過ぎたかもしれないし、FDAから承認が降りなかったのかもしれません。 Neuralinkはサンフランシスコに自己負担の動物実験施設を作ることに興味を示しており、動物モデル実験の必要性を強調しました。

脳 – マシンインターフェースの専門家コベントリー大学レディング大学の名誉教授・Kevin Warwick氏はNeuralinkがポリマーのプローブを使用している点を評価しています。 それは単にポリマーが柔軟であるとするだけではありません。

様々なパターンの電極を作成することは非常に良いんです。 切れていないという意味で構造的な面でも助けになるだろう “と彼は手紙の中で説明しています。」の問題は、それをどのように脳に接続するかが、彼らはこのために組み込み用ロボットをデザインしたものです。 “

ホワイトペーパー組み込み用ロボットの説明が非常に軽くていますが、このロボットこそカギとWarwick氏は言います。 「Neuralink言葉通りのものを含むロボットができれば、脳のさまざまな場所に多くの電極を埋めることです。しかし、私とこの点は本当に証明が必要です。彼らは本当にそのようなポリマーをしっかりと安全かつ正確に脳に接続して、ロボットに脳に使用することを証明することができるのでしょうか?」

今後Neuralinkチームは、神経インタフェースを開発する一部の人々もいくつかの大きな課題を克服します。 それはたとえば、この技術の侵襲性(頭に穴空けたり)、脳の信号をマッピングする汎用方法(各システムが個々の特異性を学習する必要があります)に必要な実験の規模を安全かつ倫理的かつ効果的な方法で拡張する方法(動物は、人間の両方について)等。

例えば、インプラントの異常発熱や、入れた装置が急速に時代遅れになっていくとか、予期しない問題も出てくるになります。 です。 以下は、脳からのデータが何便利に使用できるかどうかは、お金になるかどうかを研究者が判断しなければならそこは難しいことです。 人間の脳のとか、その構造についてはわかっていないことはまだ多いので、今の考え方がこのまま順調に行くことができると考えている自体は比較的無理があるかもしれません。

8月28日、マスク氏がどのような発表をするのか期待されますが、まだ無条件乗かることができません。 脳 – マシンインターフェースの複雑さを考えると、進歩はゆっくり段階がされていきます。

READ  LINEブロックチェーンサービスの開発プラットフォーム「LINE Blockchain Developers」とデジタル資産管理の財布」BITMAX Wallet」の提供を開始|ニュース

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close