経済

イーロン・マスクアップルテスラ引数を第小売された過去の言う。 「会ってもくれなかった」 – Engadget日本版

ゲッティイメージズ経由でMaja Hitij

米国EV(電気自動車)の主要なテスラのイーロン・マスクCEOはTwitterで、かつてアップルテスラの引数を打診したことを明らかにしています。

23日(米国現地時間)ツイートによると、モデル3のプログラムが最悪だったときは、アップルのティム・クックCEOがアップルがテスラ(現在の10分の1の価値)を買収する可能性を話し合ってみ連絡したもの。 しかし、クックは会ってもくれなかったと言います。

なぜマスク氏が突然、このような思い出話を始めたのかといえば、アップルが独自に開発しているというアップルカー(仮称)の噂が相次ぎ、テスラ株が急速に下落したため、かもしれません。このツイート前米Reutersアップル自動車がモノセル電池など「画期的なバッテリー技術」を採用して、早ければ2024年に生産を開始することもでき報道しました

マスク氏は、他のツイートで、これらのアップルの車の噂は「事実なら、奇妙な」であり、モノセルデザインは、「電気化学的に不可能だ」と述べました。

アップルが自動運転技術プロジェクト「Project Titan」に取り組み始め以来テスラと対立関係にあり、互いに技術を抜いて、お互いに知られています。 2018年8月テスラの技術総括VPだったダグ・フィールド氏がアップルに移籍していますしかし、一方、マスク氏は、Appleを「元テスラ従業員の墓 “(テスラしていくことができない場合は、アップルに転職する)と呼んでいました。

今回のアップルの自動車保険関連の主要な金融機関モルガンスタンレーのアナリストは、アップルのようなハイテク企業は、テスラに、従来の自動車よりも「はるかに強い「競争相手になる分析しています。 今まで歯もかからなかったアップルのEV技術が大きな脅威になる可能性を帯びてきたことを、マスク氏も意識し始めたのかもしれません。

出典:イーロン・マスク(Twitter)

通じる:MacRumors

READ  ★今日の[서프라이즈 결산]速報(11月10日) - 週乗車

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close