経済

イーロン・マスク氏が脳インタフェースNeuralink技術をライブ披露脳モニタリング装置を移植した豚を使用して| TechCrunch Japan


Tesla(テスラ)とSpaceXの創業者として知られてElon Musk(イーロン・マスク)氏が設立したNeuralink(神経リンク)は、人間の脳とコンピューティングデバイスとの間のインタフェースの新しい種類を開発するために、過去数年間の開発研究を進めてきた。 米国時間8月28日同社は、技術のデモを提供した。 マスク氏プレゼンテーション全体の目的は、採用であることを表明してデモを迎えた。 資金調達や他の部類のプロモーションではない。

「私たちは、お金を集めたり、別の何かをしようとしているわけではないが、主な目的は、Neuralinkで働く来て、私たちは製品を結実させることを支援するために偉大な人々を説得することです。それを手頃な価格で信頼性の高いものとし、私たちが開発している装置を待っている人は誰でも、そのいずれかを持つことができるようにしたい」とマスクした。

マスク氏は、Neuralink技術を一般的に利用できるようにしたいと考えている理由で「記憶喪失、不安、脳損傷、うつ病、他の病気の長いリストを含む、時間の経過に人がどのような神経学的な問題を抱えることになるからである」と説明した。もちろん、これらのさまざまな問題の一つの解決策として、簡単かつ迅速」解決」することができる明確な証拠がないため、これを会社の合理的な最終目標に見ることは少し難しい。

この目標は、野心的なものであり、倫理的、医学的議論の対象となるのは間違いないが、今回のマスク氏が実際に見せてくれた技術は、そうもなかった。 彼は最初のNeuralinkが2019年に発表以来、デザインの変更をしたことを明らかにした。 物理デバイスのプロファイルを小さくして、頭蓋骨に装着して、完全に頭の下に隠すことが可能になったものである。 彼はその大きさを示すために物理デバイスを手に持っていた。

続いて、マスク氏は、伴なった飼育係と一緒に近くの私たちの中にいた3匹のブタに注目。 3匹のブタは1頭は未処理でGertrude(ガートルード)と命名された2頭は「Link」というNeuralink装置が設置されていた。 3匹目は、以前にNeuralink装置が設置されていたが、その後、それが削除されたオブジェクトである。

マスク氏は、最初Gertrudeに記載されてもらう(コメディクラブにあるようにバーの高さのテーブルに座っていた)社会的に距離を置いた小規模の観客のために公演をするように説得したが、苦労していた。 だからマスク氏は、Gertrudeを紹介する前に、Linkを除去した3匹目の豚が非常に健康で普通に見えることが分かった。

そしてGertrudeに戻ると、LinkがGertrudeが食べることを見つけ歩き回っているときに鼻から何かに接触したことを検出したことをマスク氏は、音で再生して、視覚的な動きを表示するディスプレイを示した。

「初期の装置は、約1024チャンネルの各チャンネルでの読み取り、書き込みが可能であり、バッテリー持続時間は、一日中。一晩充電することができ、かなり長い連続使用時間を提供しているので、スマートフォンに近い感覚で利用することができる “とマスクした。 「これは重要なことである。なぜなら、Linkは、スマートフォンに接続し、専用のアプリケーションは、スマートフォンにインストールされており、Linkは、基本的にBluetooth Low Energy(低消費電力の無線通信)で、あなたの頭の中のデバイスと通信するためである」と付け加えた。

マスク氏は、同社が7月に米国食品医薬品局(FDA)は、このBreakthrough Devices Programという自発的なプログラムへの参加を認められたこと」に必要な承認および追加の安全検査を待って、すぐに最初の人間に移植のために準備している」ことに言及、プレゼンテーションの準備の部分を締めくくった。

今回のデモで公開された豚の脳信号からデータを受信する読み取り装置に過ぎなかったが、今後は読み取りと書き込みの機能を提供し、前のような神経の問題に対応できるようにすることを目的としている。 また、マスク氏は、Linkを無事に削除豚を見せたのは、より良いバージョンになると、時間をかけてハードウェアを更新していく計画であることを強調した。 イベントの最後の質疑応答では、彼は、Neuralinkは、ハードウェア自体のコストを最小限に抑え、現在ウェアラブルデバイスのように価格を1000ドル(約1万6000円)程度にしたいと述べた。

マスク氏はプレゼンテーションでNeuralink装置のLinkを「小さなワイヤーで頭の中のFitbit」と呼んでいた。彼はこのLinkを使用して実装しようとするのは、Tesla(テスラ)の車両を呼び出し機能やビデオゲームの制御インターフェース(Starcraftの完全なコントロールを含む)が含まれる。また、彼は「未来Linkユーザーは、「記憶を保存して再生する」ことができるようになるものと期待している。 “これは、ますますブラックミラー(Netflixなど放映中のサスペンス・ミステリー)エピソードのように聞こえるかもしれない””と言った。私の考えで、彼らは非常に予測がよくないと思う。彼は「ロボットの体にメモリをダウンロードすることができる」とまで述べた。

最初の臨床試験では、頸髄損傷による麻痺や四肢麻痺の人を対象計画である。 この技術の有効性と安全性をテストするために、対象となる人々の「少数」を登録する。

  1. neuralink-1

  2. neuralink-2-1

  3. ニューラルリンク-3

  4. ニュラルリンク-4(1)

  5. neuralink-5

  6. neuralink-6

  7. ニュラルリンク-7(1)

  8. ニュラルリンク-9

  9. neuralink-8

  10. ニュラルリンク-10

  11. neuralink-11

  12. neuralink-12

  13. Screen-Shot-2020-08-28-at-6.53.30-PM(1)

  14. neuralink-12-1(1)

  15. neuralink-13

  16. neuralink-14

  17. neuralink-15

  18. neuralink-16

  19. ニューラルリンク-17

カテゴリー:人工知能・AI

タグ:Neuralink イーロン・マスク/ Elon Musk

画像提供:Neuralink

[原文に]

(翻訳:TechCrunch Japan)

READ  トランプの主要な要求を満たすないまま承認-TikTok米国事業提携案 - Bloomberg

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close