Economy

イーロン・マスク氏創業のNeuralinkが開発した脳手術ロボットの詳細| TechCrunch Japan


Elon Musk(イーロン・マスク)氏のNeuralinkプレゼンテーションは、あくまでも科学が主役だが、人間の脳をコンピュータが推理する彼のこの会社は、会社がリリースした手術ロボットが単独で脚光を浴びた。 炭酸材質で丸みを帯びたSF的なデザインの、脳の手術ロボットは、ビデオゲーム「Portal」に登場臨界ようだが、実際にはバンクーバー工業デザイン会社であるウェイクスタジオの作品である。 詳細に言えば、Neuralinkのエンジニアや科学者が基本的な技術を開発しているが、Woke Studioがロボットの外観とユーザー体験をデザインした。 プレゼンテーションで公開された耳の後ろに付ける通信端末もWokeたのだ。

Neuralinkロボットは清潔に配慮した純白の(Woke Studioによると、不妊を確保するためにも純白)弧を描くラインと滑らかな表面ウルガ特徴で、その外観は、高度な技術力を示していると同時に、人の心を安心させるおなじみの要素もある。

「機械が動くとき、患者は発生しなかったと思われるが、それにもかかわらずイーロン・マスク氏のポートフォリオの象徴的な機械でありながら親しみやすいロボット設計することが重要だった。また、衛生とメンテナンス面での医学的ニーズも非常に多くのオペレータに安全で円滑な使用感を与えることも必要だった」とプレスリリースで言われている。

Woke Studioによると、Neuralink手術ロボットは主要部品は、3つの方法があります。 頭と体と基盤である。 ロボットの頭部はヘルメットに似ている部分で、それが実際に患者の頭を維持する。 中には、手術針のガイドや患者の脳をマッピングするカメラとセンサーが内蔵されている。 内部ミント色を含め、この部品の設計意図は、ロボットに「擬人化された性格 “を付与して、手術の過程の侵略的性格で気分を転換するものである。 ヘルメットの内側には使い捨ての袋が滅菌処理用に使用される。

  1. nn1

  2. nn2

  3. nn3

  4. nn4

  5. nn5

  6. nn6

  7. nn7

  8. nn8

Neuralinkロボットの体は後方の雰囲気が組み立て部分で、そこにロボットの動作に必要な部品がすべて含まれています。 第3の部品であるベース全体を傾かないようにするのが仕事だが、この脳ロボット本体のコンピュータの頭脳でも、そこにあるようだ。

Neuralinkはイーロン・マスク氏が設立した企業で、彼は、人間の生命に潜在的な実存的脅威が見ているものを軽減することを目的としている。 その脅威は人工知能が人間よりも優位に立つものである。 近い将来の目標は、脳組織の損傷に起因する疾患に対する取り組みを支援するものですが、マスク氏は最後に、Neuralink人間が高級AIに追いつくことができるよう、遅延なしで直接指向入力を提供して、人間を支援することができるようことを希望している。

関連記事:イーロン・マスク氏が脳インタフェースNeuralink技術をライブ披露脳モニタリング装置を移植した豚を使用して

カテゴリー:人工知能・AI

タグ:Neuralink イーロン・マスク/ Elon Musk

画像提供:Woke Studio

[原文に]

(翻訳:iwatani、aka 切断

READ  FRB議長:より柔軟にインフレ対応のオーバーシュートを容認 - Bloomberg

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close