ウィリアムA.アンダース(William A. Anders)、90歳、死亡。 最初の有人月軌道飛行

1 min read

クリスマスイブ、月の10回の軌道の間、3人の宇宙飛行士は彼らの動きを世界中の何百万人に放送し、地球が月の地平線の上に浮かぶ姿を写真で撮り、地球は暗闇の中で青い大理石のように現れました。 しかし、宇宙船の電子・通信システムを監督したアンダース少佐だけがカラーフィルムを撮影した。

彼の写真は世界を揺さぶった。 「Earthrise」として知られるこの写真は、「初めに神様…」というフレーズが書かれた1969年の切手に再現されました。 これは1970年の最初の地球の日に触発され、Life誌の2003年の著書「100枚の写真」の表紙に掲載されました。 それが世界を変えました。」

アンダース少佐がカチッと音を出し始める直前に宇宙飛行士たちの声が聞こえました。 オンボードレコーダー彼らが見たことに対する畏敬の念を表しています。

アンダース:マッソッサ! 写真を見てください。 ここに地球が浮かんでいます。 わ、本当にきれいですね。

ボーマン: [chuckle] ねえ、そうしないでください。 予定されたことではありません。

アンダース: [laughter] カラーフィルムあります、荷物? そのカラーロールをすぐに私に渡します。 …

Lovell:ああああ、それは本当に良いです。

数十年後、2015年のインタビューで フォーブス誌、アンダース将軍はEarthriseについて次のように語った。 「この見解は、地球の美しさと脆弱性を指摘しています。 これは環境運動を始めるのに役立ちました。」

しかし、彼はその写真の後ろにいる人物に対する大衆の記憶がどれほど薄暗くなったかに驚いたと述べた。 「言論と地上の人々が私たちの歴史を作る航海をある程度忘れていたという事実は疑問です。 今、飛行を象徴するのは「地球上の」写真です。」と彼は言いました。 「私たちは地球を発見するために月まで来ました。」

クリスマスイブ放送を終えて、アポロ8号宇宙飛行士たちは創世記の最初の詩を読んだ。

READ  自律走行は日本政府から27億円の資金援助を受けることができます
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours