世界

ウイグル、チベット、モンゴルで中国政府が粘り強く宗教を弾圧する理由ポリシーと法律見る当局の「深い懸念」| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

広大な領土に数多くの少数民族を抱えている中国は、一方で、各民族固有の文化と宗教を弾圧している。 著述家の宇山卓栄氏は「宗教は、古今東西の対外工作と支配の道具として利用されてきた。中国共産党は国外の敵対勢力が国内の宗教団体をてこにして反政府運動を強化ことを憂慮している」と指摘する – 。

※この記事は、宇山卓栄」「宗教」で解読世界史「(日本実業出版社)の一部を加筆・再編集したものです。

中国の国慶節を祝う行事で「アイ・ラブ・ユー、中国

写真=ロイター/アフリカの

中国の国慶節を祝う行事で「アイ・ラブ・ユー、中国 “と書かれたボードを背景に様々な衣装に身を包んだモンゴル・フフホト幼稚園児ら(2020年9月27日)。

「モンゴル教育制限 “なぜ始まったか

中国政府の宗教と民族の弾圧は、ウイグルやチベットだけでなく、南モンゴルにも影響を及ぼしています。 中国政府は、内モンゴル自治区で、学校で中国語教育を強制し、モンゴル語、モンゴル文化を教えることを制限しています。

モンゴル人は、民族のアイデンティティを学ぶことができません。 行政、経済を管理している中国人であるため、中国語をすることができない就職もできなくなっています。 中国政府は「モンゴルは先端科学技術と中国の思想道徳を教えるために不適合」など不合理な説明をしています。

今日、モンゴル民族は南北に分断されて北部は「モンゴルの “南は、中国領」内モンゴル」と呼ばれます。 モンゴルの人口は約330万人、内モンゴル自治区の人口は約2800万人です。

この「モンゴル」という言葉は、中国に近い側を「私の」と離れた側を「外部」と呼ぶ、中国を中心と呼称です。 したがってモンゴル人たちは、「南モンゴル」と呼びます。 南モンゴル人たちは、モンゴル人として自分の言語と宗教文化を持っています。 モンゴルはチベット仏教を信奉しています。

チベット仏教の指導者が考案した、モンゴル文字

13世紀チベット仏教の教主パスパ、モンゴルのフビライ・ハンの参謀として活躍しました。 パスパはモンゴル帝国の国事に迎えることができており、チベットをもとに、モンゴル公共文字パスパ文字を作ったことが知られています。 パスパの影響でモンゴル人チベット仏教徒が定着、それが今日まで続いています。

READ  「警察が撮影されたダメ!」自由国の驚き法案に民衆が猛抗議:東京新聞TOKYO Web

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close