経済

ウイルスが支出に打撃を与え、日本経済は第3四半期に3.6%縮小

TOKYO(AP) – 日本経済は、コロナウイルス感染の波が旅行やその他の活動を萎縮させるにつれて、7-9月に年間3.6%収縮したと水曜日、政府が明らかにしました。

政府は、前四半期の推定値が3.0%縮小するという以前の報告書で下方調整されたことで消費者支出と貿易の弱さを反映したと述べた。

四半期ベースでは、ほとんどの経済では、経済は0.9%縮小され、前の推定値である0.8%収縮と比較して萎縮しました。

世界で3番目に大きい経済は、流行が迫る前に低迷に陥った。 COVID-19感染を抑制するためにとられた予防措置のおかげで、回復は正しく行われませんでした。 特に自動車に使用されるコンピュータチップの場合、サプライチェーンの問題も大きな打撃を受けた。


夏の終わりに発生した日本の最近の大規模なコロナウイルスの発症は、症例が急激に減少し、しばらく後退しました。 しかし、ビジネス活動が制限され、旅行はレストラン、ホテル、その他のサービス部門業界に損害を与え、一般的に忙しい夏の旅行シーズンに当たった。

オックスフォード・エコノミックスの山口之弘(Norihiro Yamaguchi)は、コメントで消費者支出が回復しており、今四半期に回復をリードすると述べた。

彼は「自動車部門のサプライチェーンの混乱が緩和され、緩やかな速度だが生産と輸出も回復するだろう」と話した。

最新のデータは、以前に報告されたものよりも低いレベルの民間在庫と弱い政府および消費者支出を示しました。 さらに、賃金は、以前報告されたように0.1%増加するのではなく、0.4%減少したことが示されています。

日本の内閣は、コロナ19ファンデミックで悪化した経済低迷から抜け出すために、現金支給と病気の企業に対する支援を含め、記録的な56兆円または4,900億ドルの景気浮揚策を承認しました。 この計画に対する議会の承認は今月中に予想される。

READ  iMacの系譜招待iMacの誕生〜iMac Proを画像に戻り - iPhone Mania

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close