スポーツ

ウイルス急増後のオリンピック」の難しさ」、日本の医療グループアラート、スポーツニュース

この夏に延期された東京オリンピックを開催することは、日本全域でコロナウイルス感染が急増するにつれて、「本当に難しいだろう」と、東京の医師会会長が警告しました。

晴夫尾崎は日々増加している事例が東京と日本の他の地域からの新しいウイルスの制限を誘発することにより、警報を鳴らしました。

スポーツ報知は火曜日のメディアで「感染が広がれば、実際には、オリンピックが観客なく開かも多くの国から来た選手たちと一緒に規則的な形でオリンピックを開催するのは難しいだろう」と述べた。 会議。

水曜日フェイスブックページで尾崎は、最近、日本の水泳選手イキ理香子とゴルファー松山英樹の成功が鼓舞であったにもかかわらず、彼の懸念を反映したと述べた。

「IkeeとMatsuyamaの素晴らしいショーを見ながら涙を我慢することができませんでした。オリンピックでも、彼らの素晴らしいショーを見たいと思います。」

「しかし、医療スタッフの首長という立場で五輪開催は本当に難しいと言うつもり」

尾崎は主催者側に「国内外の感染の広がりを防ぐことができる具体的な措置を示すこと」を要求した。

「そのような計画が現実的であれば、本気で研究したい」と書いた。

このコメントは、東京がウイルスに延期された2020年のオリンピックが7月23日開幕するまで100日を表示しながら出てくる。

日本と海外でCovid-19の事例が増加するにつれて、オリンピックが行われることができるかどうかについての懸念が高まっています。

東京と大阪を含む日本の多くの地域で、新しいウイルス制限が施行されました。

この措置は、世界の他の地域で見ることができる封鎖よりもはるかに緩いが、オリンピックの聖火リレーを大阪の公道で強制的に遮断している。

代わりに公園内の閉鎖されたコースに沿って大衆を離れたまま炎が移されている。

オリンピック主催者は、オリンピックを安全に守ると言う一連のウイルス説明書を発表しました。

彼らは海外の観客を禁止して選手の動きを制限し、定期的なウイルススキャンを要求します。

しかし、予防接種は必要ありません。オリンピック参加者の分離規則が免除されます。

世論調査によると、日本の大半の人々がオリンピックを延期またはキャンセルすることを望んでいる。

今年の夏のイベント開催への支持は、冬に感染が急増した後、増加したものの、まだ30%未満です。

READ  2回統治チャンピオンBrooke Henderson、ロッテ選手権でしっかりとした1日目を楽しみます。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close