トップニュース

ウイルス感染症で、日本の新しい大学入学試験の進行

日本の新たな統合大学入学試験は土曜日、主催者が受験者がマスクを着用して手を消毒するように要求して場所をよく換気させるようなコロナウイルス防止措置をとるに基づいて、全国で開始しました。

国立大学入試センター試験を代替漢試験は、合計535,245人のボランティアをドラッグたちであり、国立大学入試センターによると、681個の場所で行われている。

2021年1月16日、兵庫県グァンセイ学院大学で審査官がアンケートを持って通い。 (教徒)

記録的な866の大学、カレッジ、短期大学がその結果を審査の過程で使用するとセンターは言った。

地理、歴史、公民、日本語、外国語試験は、土曜日の試験リストに含まれていおり、科学と数学の試験は、日曜日に行われます。

新型試験は昨年コロナ19による休校のため、学業が中断された高校3年生を対象に、1月30日と31日にも実施される予定である。

土曜日東京都文京区本郷キャンパスでは、マスクをした受験生が約1m間隔で行を立つが、午前8時にドアが開くと、静かに進行した。

東京は、他の10個の県とともに伝染病で緊急事態に直面しており、管理者は住民に不要な外出を控えることを求めています。

公立高校3年生であり、キャンパスの2,800人の受験者の一人Sasuke Tanaka(18歳)は、「昨年の春の休校期間中に学校で勉強することができないということが困難でした。」と言いました。 「まだ心配が少しありますが最善を尽くします。」

31年の間に使用された以前の試験と同様に、新しい試験形式は、複数の選択肢の問題を特徴とするが、受験生の批判的思考能力に重点を置きます。

英語の試験でリスニングスコアが増加しました。

センターによると、志願者が健康やその他の理由で、1次試験に受験できない場合は、1月末に受験することができます。

1月30-31日に試験を受ける予定の人がそうすることができない場合は、2月13日と14日に追加で予定されて座席があります。

READ  日本の村、コロナ19救援資金として、巨大なイカ像建設

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close