トップニュース

ウイルス死亡者の親戚は、日本の自宅政策に疑問を提起する。

沖縄島で小さな食堂を運営する竹内吉彦は、友人数人だけがコロナ19にかかったと言いました。 彼が3日間公衆衛生従事者の電話を受けていないと、警察は彼の家に行き、彼のベッドで亡くなったことを発見した。

彼は、「ジタク・リョーヨ」または一部のCOVID-19患者が「自宅で療養」するという方針に基づいて死亡した何百人もの人々の一人でした。

多くの国では、ウイルスに感染した人々は隔離と回復のために家にとどまっていますが、批評家は最も安くてアクセス可能な医療システムを持つ日本で人々が病院の治療を拒否されました。 。

竹内の妹とCOVID-19の家で死亡した他の男性の娘が、そのような犠牲者の悲しみを経験する家族のためのオンライン支援グループを始めました。

日本は過去2か月間に症例数が急激に減少するのを見て、政府は感染症対応を改善するためのロードマップを作成しました。 11月12日に採択された計画は、28,000から11月末まで全国的に最大37,000人の患者を収容できる病床を確保することを目指しています。

政府データによると、これは8月末の入院を必要とする231,000人以上のCOVID-19患者と比較されます。 多くの人が自宅で療養しなければなりませんでした。

岸田文雄首相は軽微な症状を示すコロナ19患者を自宅で定期的に訪問することにした。

世界1人当たりの病床数が世界1位の韓国の不適切な処遇に対する国民の怒りがこのような変化を導く要因だ。 岸田の前任者である菅吉秀は、政府のファンデミック対応に対する広範な不満のため、執権1年ぶりに辞任しました。

日本のようなコンプライアンス社会で言うのは勇気が必要で、集団訴訟はまれです。 しかし、竹内の妹である高田拓吾と彼女のグループに所属する他の人は、愛する人が受け入れなければならない医療サービスを受けていないと思います。

彼女は「声を上げなければならなかった。

彼女は自分が何をするのか分からない。 何千人もの人々がこのグループのTwitterアカウントをフォローしており、他の人も同様の痛みを伴う話をしました。

大阪に居住し、家で小さな保育園を運営する高田は、竹内の唯一の親戚でした。 診断を受ける直前に電話で話したが、自宅で一人で病気だとは言わなかった。 COVID-19に対する日本の広範な恐怖症を考えると、彼は噂が広がりたくなかった。

高田は彼が穏やかで多くの愛を受けていると言いました。

彼女は電話インタビューで「私たちは一緒に集まり、癒しをしようとし、人々がどのように残酷に扱われたのかを共有し、おそらくお互いがその第一歩を踏み出すのを助ける」と述べました。

COVID-19患者の治療を担当する日本の地域保健局は、入院する病院を探すために苦労しました。 場合によっては、救急車がある病院から次の病院に運ばれました。

いくつかの臨時施設で治療と酸素補給を提供しましたが、大規模な野外病院の設立要求は無視されました。

たとえば、ニューヨークでは病院が急速に移行し、何千ものベッドとウイルス患者のためのICUが追加されました。 海軍医療船やその他の施設は臨時病院に変わりました。 発症が最高潮に達した2020年4月には、都市全体で1日に1,600人以上の新しい入院が発生しました。

今年8月にデルタ亜種の普及により日本の感染が急増したとき、日本の病院システムは、米国、ヨーロッパ、その他のアジア地域よりもはるかに少ないCOVID-19症例にもかかわらず、迅速に「増えた」状態で宣言されました。 そして南アメリカ諸国。 保健省の記録によると、9月上旬に自宅で134,000人以上の人々がウイルスに感染しました。

日本人口1億2600万人のうち約1万8000人がコロナ19で死亡した。 死亡者を追跡する警察庁によると、2020年3月以降、自宅で死亡した人が951人であり、2021年8月にのみ250人が家で死亡したと明らかにしたが、自宅でどれだけの人が死亡したか正確に知る人はいません。

新種コロナウイルス感染症(コロナ19)政府の上級顧問であり、日本地域社会保健機構(JCHO)の首長である近江杉(Shigeru Omi)は、政府に緊急野戦病院を設立するよう促した。

日本の医療システムは、小規模の私立病院と議員が支配しており、感染病に対処できる入院患者施設はほとんどありません。 多くの病床が精神科患者と慢性疾患者、高齢者を占めており、医師、集中治療室専門医、看護師は比較的少ないです。

一部の地域では、地方当局はもはや感染しなくなり、より大きな病院で治療を受けた後に深刻な病気にリハビリする患者を収容するように設けています。 しかし、全体的に、ケースロッドは集中治療に使用できるベッドよりもはるかに多いです。

JCHOは日本最大の57の病院を運営しています。 いずれも納税者のお金で大幅にサポートされています。 厚生労働省はコロナ19患者に病床当たり最大10万円(900ドル)を支援すると明らかにした。

JCHOは10月にウイルス患者のために全国で972の病床を準備し、これは14,000を超える全病床の7%未満に過ぎないが、8月には一時的に約1,800人の患者を収容できるスペースを設けたと明らかにした。です。

JCHOは、何千台ものベッドを追加で提供するように頼田の要請に言及を拒否しました。

名古屋大学の集中治療医である山本隆之博士は、集中治療室の病床が少数の小規模病院に患者を分散させる代わりに、指定された施設の重症患者に集中するように病院治療を再構成しなければならないと考えています。

彼は資源を必要としない人々の広範な入院を含む不適切に管理されたと述べた。 公衆衛生局は研究のために設計されており、COVID-19治療のための「ゲートキーパー」になるには不適切だと彼は付け加えました。

問題は数十年のシステムに深く根ざしており、山本は日本がこのファンデミックを克服しても、次のファンデミックの準備ができていないと懸念しています。

「患者がはるかに多くの国でさえ、このように患者を無視した国はありません。 医者が患者を見ないという考えは間違いありません。 医者なら病気の人の世話をしなければなりません。」と山本氏は言います。

「日本は何もしなかった。 リーダーシップがなかった」と話した。

独立したシンクタンクである東京政策研究財団(Tokyo Foundation for Policy Research)の研究責任者である渋谷健治(Kenji Shibuya)博士は、コロナウイルス感染の別の波が起きる前に行動しなければならない時だと述べました。

イギリスで働いた経験のある渋谷は、「彼らはそれが来ていることを知っていても前に行動しませんでした。 彼は「危機の時期に変化を起こそうとする意志と情熱が不足している」と話した。

去る8月、高田グループの共同創立者である西里優子は、73歳の父の入院のために病院に懇願した。 しかし、彼は発熱に対する薬物以外の治療を受けず、COVID-19に陽性の反応を示した後に死亡した。

電話記録によると、彼は死ぬまで地元の保健所に何度も電話をかけた。 彼が持っているすべてが録音であるという事実に彼女の心が痛い。

「私は彼が孫を見るために生きることを望んだ。 私は彼がより成熟した私を見たかったのです。 「同じ苦しみを経験する人が多すぎるのに、なぜそうなのか分からない」

READ  日本のSMFG、ベトナム最大の非銀行金融機関の株式9億2000万ドルの買収

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close