スポーツ

ウォン巨人が最初の屈辱…日本シリーズ2年連続4連覇 – プロ野球:日刊スポーツ

ソフトバンク読売9回表ジャイアンツ2死1,2塁、カメラがこの2つの私の倒れソフトバンクの日本をベンチで見守る原監督(左から2番目)(撮影・河野匠)

◇第4戦◇25日◇ペイペア離島無

外面したくなる現実を直視するしかない。 セ・リーグ優勝に迎えた日本シリーズで4戦全敗。 昨シーズンからソフトバンクに8連敗。 2シーズン連続で4連覇はプロ野球史上初の屈辱された。

3点を追う9回。 ベンチで仁王立ちする原監督は眉間に深いしわ厳しい表情で戦況を見つめた。 1死1,2塁で田中トシが見逃し三振に倒れ代打でカメラである送る。 苦楽を共にしたベテラン打球が力なく一塁手の頭の上に飛んでウォン巨人20年のシーズンが終わった。

「打線がなかなか機能していなかった。今日も1点(第1戦で)1点、2点、0点、1点、または、やはり攻撃チームという中で攻撃が機能していない」

地面シーズン終了の崖から大きく注文を変更した。 整理を解体して、2回坂本3番丸4回岡本の「栄丸岡」の行を8月23日広島戦以来3ヶ月ぶりに復活させた。1回無事塁で坂本の左越え二塁打で今シリーズ初めて先に出た。

ベンチの雰囲気は最高潮に達したが、「第二の」が遠い。 無事塁で円が一邪悪な日に倒れた時、後続が倒れ追加点を奪うなかった。 その後、ソフトバンク柳した様子で、瞬く間に逆転を許した。 2回にもカイツーランを浴びて3徐々に広げたら、鉄壁のソフトバンク投手陣を打ち、打破力はありませんでした。

4試合で合計4ゴールは歴代最悪タイ。 原監督は「私を含めて、コーチ、選手、まださらに、図2回大きくなければならないですね。具体的には、まだ整理がつかないが、私たちは、必要としていることがあるということです。一人一人が」と述べた。 開幕が約3ヶ月遅れた特別なシーズンは、大きな喜びと確かな課題を残して幕を閉じた。 【前田雄介】

READ  阪神高橋「欲」脱退ノミのアドバイスに菅野の投げ勝つ - プロ野球:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close