ウォールストリートが連続損失を記録した後、アジア株式が混在した。

1 min read

金曜日のアジア証券市場は、米証券取引所が昨年12月以来、最も長い連続下落税を破った後、木曜日の技術主が主導した適度なラリーで混雑税を見せました。

ベンチマークは東京とシドニーで上昇しましたが、台湾、香港、上海では下落しました。

日本は、ボラティリティの大きい新鮮食品を除く核心消費者物価指数が先月41年ぶりに最も多く上がったと報告したが、上田一雄日本中央銀行総裁指名者は国会議員らに日本の基準金利をゼロに近づけることを好むと言いました。 安定した成長。

写真:AP

上田総裁は前例のない量的緩和で特徴づけられた5年任期を終え、4月辞任する黒田春彦日本銀行総裁の後に続くものと予想されます。

上田はそのような期待を払拭しようとしましたが、リーダーシップの変化は非常に緩い通貨基調の変化の可能性についての推測をもたらしました。

上田は日本議会で「通話政策効果が現れるまでには時間が必要だ」とし、物価上昇が頂点に達したと付け加えた。

日本の賃金は物価上昇率に追いつかず、潜在的なグローバルな景気後退の懸念により、日本銀行は経路変更を警戒した。

東京日経225指数は金曜日1.29%上昇した27,453.48を記録したが、全州比0.88%下落し、TOPIX指数は0.67%上昇した1,988.40を記録し、週間0.63%下落した。

台湾のタイエックス終値は全州より0.16%上がった111.62ポイント(0.71%)下がった15,503.79に締め切った。

香港の抗生指数は1.68%下落した20,010.04を記録し、週間3.43%下落し、上海総合指数は0.62%下落した3,267.16を記録したが、週間1.34%上昇した。

オーストラリアでは、S&P/ASX 200は0.3%上昇した7,307.0を記録し、1週間前より0.54%下落しました。

インドのSENSEX指数は全州比0.24%下落した59,463.93、韓国コスピ指数は0.63%下落した2,423.61に、全州比1.13%下落した。

CNAと一緒にスタッフ作成者の追加報告

コメントが確認されます。 記事に関連するコメントを維持します。 悪口とわいせつな言語、あらゆる種類の人身攻撃、宣伝などのコメントは削除され、ユーザーはブロックされます。 最終決定は台北タイムズの裁量に従います。

READ  シャオ米の「Miスマートバンド5」は、機能、装着性駆動時間が絶妙な注目ウェアラブル端末| TechCrunch Japan
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours