ウクライナ、祖国を助けるために東京大学で科学を勉強

Estimated read time 1 min read

ウクライナの学生メラナ・アジマ(Melana Azima)は、戦争で廃墟になった祖国の再建を支援するために、今春日本の大学に入学して科学を勉強する予定です。

2年前、ロシアが故国を侵略すると東京に避難した亜島(18歳)は「私ができる最善のことは先導的な科学者になり、他の国に技術をもたらすのに役立つと信じる」と話した。 「これはウクライナの発展につながると思います」

アジマは2022年4月にウクライナの首都キエフで避難しました。 現在、東京後藤区に居住しており、目黒区にある東京都立国際高校3年生です。

彼女は中学校から日本の大学で勉強することが夢だったと言いました。

「日本は技術が多すぎます」とAzimaは言いました。 「多くのウクライナ人がヨーロッパ諸国で勉強することを選びましたが、私はいつも日本人の文化と気質に近いと感じました」

しかし、彼女は以前に日本語を勉強したことがありません。 彼女は英語を話す友人の助けを借りて高校の授業を理解することができました。

亜島は日本の学校生活に慣れ、弦楽オーケストラサークルに入りバイオリンを演奏しました。

彼女は「複雑な会話は難しい。 漢字も難しくて読むのに時間がかかる」と話した。

彼女は4月から東京西部八王子にある東京都立大学理学部生命科学科に入学しました。

彼女はキエフの父親に自分が受け入れられたと言ったとき、父親は彼女を誇りに思っていましたが、悲しそうに見えたと言いました。 ここで大学に行くことは彼女が今後4年間日本にとどまることを意味する。

大学では、彼女は放射線が生きている生物に与える影響を研究したいと考えています。 彼女の決定は、2011年東日本大震災と津波で触発された福島第1号原子力発電所事故に部分的に触発されました。

「人々は原子力を活用する方法を知っていますが、その結果をどのように処理するかを理解していないようです。」

彼女は設備の整った大学を選びました。

亜島は大学で日本語能力をさらに向上させ、大学院に進学して研究を続けたいと思います。

彼女はいつかウクライナに戻りたいがロシアの侵攻は続いて状況は悪化し続けている。 今も故国では空襲サイレンが頻繁に鳴り、地下避難は市民の日常になった。

ウクライナの仲間たちには大学入学試験を受けることさえ難しいことだ。

「経済と都市は深刻な被害を受けました」と彼女は言いました。 「ウクライナが私がそこに住んでいた時の姿に回復するには10年以上かかると思います」

READ  日本原子力安全庁、発電所運営会社に1月1日地震影響調査指示 - WKRGニュース5
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours