エンターテインメント

ウクライナで1970年映画セット場を運営する日本の劇場

社会文化


東京、4月6日(Jiji Press) – ますます多くの日本劇場が1970年の映画「ひまわり」を上映している。 この映画の代表的なシーンは、現在のウクライナがロシアの侵攻を受けているところで撮影された。

彼らは第二次世界大戦のために別れたイタリアのカップルを現在ウクライナの状況に対応する映画を運営しています。 ボックスオフィスの収益の一部は、ウクライナの危機に関連する人道支援に使用されます。

ウクライナの首都キエフから南に約500km離れた現在のウクライナヘルソン地方で撮影されたこの有名なシーンで、地元の女性はひまわり畑でイタリアとロシアの捕虜の遺体がひまわりの下に埋もれていると言います。

東京に拠点を置く映画配給会社Unplugged Inc.の販売員であるYurie Ikeda(34)は、ロシアのウクライナ侵攻のテレビイメージが彼女にそのシーンを思い出させたと述べた。 彼女は「映画と今起こっていることは、紛争で人が割れるという共通点が多いと思う」と話した。

3つの映画館は、池田の連絡を受けた直後に映画を上映することにしました。 「アンプラグド」はツイッターに上映案内が掲示された後、日本全域の他の劇場で問い合わせが殺到した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

サポートプレス

READ  ベルリン競争映画、オーストラリア、日本、ブラジル、メキシコで映画上映

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close