ウクライナのミュージシャン、日本の平和アピール

Estimated read time 1 min read

Kateryna Gudziiにとって、彼女が演奏するウクライナの伝統的な楽器は、彼女が祖国の文化と音楽を日本と共有する方法でした。 そして10年以上のこの個人的な使命は、今より深い意味を持つようになりました。 ウクライナは今世界的な注目を集めました。 ロシアの侵攻後。

2006年から日本で活発に活動している2人の「バンドゥラ」選手の一人であるGudziiは、「公演をするときに戦争が終わり、世界に平和が来るという考えで公演をします」と話しました。

12世紀に遡り、伝統的に視覚障害者たちが演奏する65弦バンドゥという「カテリーナは芸名で活動し、東京近郊の横浜に住んでいる35歳のユニークな楽器だ。ウクライナの文化、伝統、民族性に関連する他の人はいません。 」

Kateryna Gudziiが2022年2月28日に東京で撮った写真で彼女が演奏するウクライナの伝統楽器「bandura」と一緒にポーズをとっています。 (刑務所)

音楽はウクライナの生活様式に深く根を置いており、Gudziiは幼い頃からそれに陥っていました。 彼女は1986年3月にチェルノブイリ原子力発電所から約2.5kmのプリピヤットで生まれました。 これは、世界最悪の原子力事故の1つになる発電所の原子炉が爆発する1ヶ月前でした。

彼女は事故の後、彼女と彼女の家族がキエフに引っ越す必要があったので、工場の労働者と家族のために存在しましたが、今は幽霊都市になったプリピヤットの記憶を持っていません。 現在68歳の彼女の母親はチェルノブイリ避難民のための住宅として首都に残っています。

一緒に避難した音楽教師は、最終的に事故の影響を受けた子供たちのための音楽グループを結成しました。 Gudziiは6歳の時から合流し、そのグループを通じて1996年日本全域で公演をするために初めて日本に来ました。

今ソロで演奏しながら、彼女は観客にウクライナの文化を紹介することを重要に思っています。

彼女は「ロシアと同じような点があるが、ロシアには固有の文化があり、ウクライナには固有の文化があり、ずっと前からやってきた」と語った。

バンドゥラは悲しい歴史を持っていると、Gudziiはソ連独裁者イオシフ・スターリンがウクライナ文化への世界の暴露を否定しようとしたとき、約300人のバンドゥラ奏者が死亡し、彼らの楽器が破壊された事件を引用して語った。

国際的な警告を無視して去る2月末に隣のウクライナを侵攻したウラジミール・プーチンロシア大統領はロシア人とウクライナ人が「一つの民族」だと信じる。

外交的交渉と民間人避難のための人道通路の設置とともに、攻撃と戦闘が続くにつれて、危機の突破口が差し迫ったという明確で即時の兆候はないようです。

Gudziiはキエフで一人暮らしの母親を毎日考えています。 4人の娘のうち、最年少は「毎時間連絡をし、できるだけ話す」と話した。

週末を控えた最近の会話で彼女は「感情的に疲れて見える」母親をなだめるようにした。 banduristは、日本人が彼女の母親についてどのように考えており、いつか彼女を日本に連れて行く計画について話しました。

当初、彼女の母親はキエフで避難するつもりはありませんでした。 彼女は「全面的な戦争が起こるとは想像もできませんでした」。

しかし、ロシア軍が進み続け、緊張が高まりました。

Gudziiは、自分の権限が制限されていることを知っているが、「ウクライナの最新情報を伝える」ために、日本のテレビでウクライナの通訳者として自分の役割を果たすと述べた。

その仕事をジャグリングしながら、彼女は日本北東部を襲った大規模な地震津波災害と福島原発事故を記念するため、3月11日の前日に行われる日本公演を準備し続けます。

過去数年間、彼女は2011年の災害を念頭に置いて演奏しましたが、今年の彼女のパフォーマンスはウクライナの危機に照らして平和のための祈りになると述べました。

福島で子どもたちが苦しむのと同じように、彼女はチェルノブイリの近くで生まれた人であるという差別を受けました。 チェルノブイリは事故が福島と同等の国際規模の原子力危機7位、最高等級の7位でした。

彼女は「一部の人々は放射能にさらされるのか恐れて出てきていたずらしたり触れなかった」と回想した。 彼女の父親は、チェルノブイリ原子力発電所に関連する仕事に関連する放射線誘発癌で約10年前に死亡しました。

日本のbanduristとして、彼女は”Furusato”(故郷)のような日本の伝統的な曲を演奏して歌うことによって、より多くの観客に近づいた。

ロシアの攻撃が起こる前に、彼女は人々をウクライナに連れて行く計画でした。

しかし、コロナウイルスファンデミックは彼女が計画した東ヨーロッパ諸国の旅行を中断しました。 今、侵攻のために彼女の夢はさらに遠くなりました。 ウクライナでは、民間人を含むすでに何千人もの人々が死亡し、重要なインフラが破壊され、旅行が不可能であることが明らかになっています。

Gudziiは母親を日本に連れて行くことを望んでいましたが、これもコロナ19によって失われました。

「私は彼女をここに連れて行くことを願っています。

READ  韓日国会議員団体、3年ぶりに総会開催
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours