ウクライナのレスリング選手、日本の古代スポーツに影響力を与えることを目指す

1 min read

ウクライナで戦争を避けて逃げた19歳のレスリング選手が来月、福岡で相撲の夢を叶えるための一歩を踏み出しました。

青錦(本名Danylo Yavhusishin)は去る9月、東京両国国旗館で開かれた秋のグランド相撲トーナメントの無階級レスリング選手のための予選戦で初めて神聖な盗賊を踏みました。

彼は11月12日から福岡国間センターで開かれる九州相撲大会最下位の野口区部門でレスリング選手としてデビューする予定だ。

資料写真は2023年9月12日東京両国国技館で開かれた秋グランド相撲大会中、ムラン級予選戦で競技するウクライナ相撲選手青錦(左)の姿。 (交通通信)

国際ジュニア相撲大会でウクライナを代表した身長180cm、体重120kgのこの若者は、ロシアが故国を侵攻してから2ヶ月後の2022年4月に日本に到着しました。

彼は12月に綾川屋台に入り、前関わあみしきの下で訓練を受け、相撲の2大部門の一つに出場する「関鳥」レスリング選手となり、屋台主人の足跡に従うことを目指しています。 。

「私の先生は21歳で関鳥になりました。私は22歳まで関鳥になるでしょう」と青西が自信を持って日本語で話しました。

青鶴国際大会で友達になった後、当時関西大学相撲部主張だった山中新田の助けを借りて日本に来ました。

彼らはウクライナのレスリング選手が屋台に参加するまで一緒に住んで訓練し、そこで友人の認識を得て、全体のリング名であるAonishiki Arataを採用しました。

ファイル写真は、2023年9月17日、東京の両国国旗館で開催された秋のグランド相撲大会の中で、リングに立っているウクライナの相撲選手アオニシキを示しています。 (刑務所)

彼は「名前を受けたので最善を尽くしたい」と話した。

Aonishikiは、馬小屋のオーナー、元横綱のワカノハナのように、自分と似た体格を持つレスリング選手のスキルを研究し、迅速な正面攻撃に対する適性を示しました。

馬小屋の主の阿知川は「彼は真剣で相撲が大好きなのがわかります」と言いました。

Aonishikiは最近、東京西部立川市で行われた世界選手権大会でウクライナ相撲選手たちの強力な競技力を見守った後、11月のトーナメントにインスピレーションを得ました。

「彼ら全員が強くなっている。私自身もさらに強くなければならない」と彼は言った。


関連プレス:

相撲: TakakeishoがプレイオフでAtamifujiを破って4番目のタイトルを獲得


READ  Pokémon Brilliant Diamond & Shining Pearl 日本でNintendo Switchの歴史を作る
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours