経済

ウクライナの危機が続くにつれて、フィリピンの成長目標は危険にさらされています。

マニラ、フィリピン – ウクライナ – ロシアの危機が商品価格に大きな影響を与え、回復を妨げるため、フィリピンは2022年の経済目標を達成できない可能性があります。

日本経済研究センター(JCER)は最近の調査で、今年フィリピンの国内総生産(GDP)展望を下方修正した。

JCERは現在、経済成長率が6.3%で、12月の予測値である7.1%より0.8%ポイント低いと予想している。

東京に基づくシンクタンクの最近の予測は、政府の2022年目標値である7~9%を下回った。 昨年の経済成長率は5.6%を記録している。

上級エコノミストの上原昌良氏は、JCERの最近のアンケート調査で、「ウクライナ – ロシア戦争が原油価格の急上昇と輸出の減少によって経済回復を妨げるという懸念が高まっています。

JCERの四半期調査は、東南アジア(アセアン5)の5つの加盟国(インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ)とインドの経済学者およびアナリストから洞察を収集します。

ウクライナとロシアの緊張が高まり、国際原油価格も上昇しており、フィリピンなど輸入国に最も大きな打撃を与えている。

今週の主要ロールバック直後、国内市場のポンプ価格が再び上昇した。

JCERは、インフレ関連の要因が、経済の最大のリスクでCOVID-19の懸念を置き換えたと述べた。

上原さんは「フィリピンではコロナ19衝撃が3位の中にも聞いた」と話した。

「インフレはフィリピンで最大のリスクと見なされます。 原油価格を含む原材料価格の上昇は国内3位のリスク要因だ」と話した。

JCERの調査によると、この国の見出しインフレは2021年水準の3.9%をわずかに上回る4%に達すると見られます。 しかし、これは中央銀行が予想した4.3%印刷より低い水準だ。

原油価格の上昇とは別に、フィリピンのペソ化の弱さも輸入インフレを上昇させると指摘した。 フィリピンペソは2024年に向けて徐々に評価を下げると予想されます。

したがって、中央銀行はインフレが4%の目標値を超え、正常化が予想よりも速くなり、政策金利を引き上げるものと見られます。

フィリピンの他のリスクには、政府の負債の増加、政治的不安定、通貨価値の低下、失業の増加、財政的混乱などがあります。

特に農村地域の劣悪な医療力量を勘案する際、コロナ19以後必須政策のうち医療力量強化が1位を占めた。 その他の政策、財政及び制度改革が含まれる。

一方、6つの経済のうち、フィリピンはJCERで最も高いGDP下方調整を受けました。 タイは0.6ポイント下落した3.1%を記録した。

マレーシアとシンガポールの経済見通しはそれぞれ6.1%と4.6%に上方修正されました。 インドネシアは5%を維持した。

一方、インドは昨年の8.9%成長から7.8%に鈍化すると予想される。 その予測は0.5%ポイントアップグレードでした。

READ  今夜21時予約開始! iPhone12を確実に早期に予約する5点 - iPhone Mania

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close